[寄稿]韓国スマホゲーム市場動向 -KM-REPORT12月号

ABC ABC
2014/12/25 (Thu)
スマホゲーム集客


[寄稿]韓国スマホゲーム市場動向 -KM-REPORT12月号

弊社の協業先である韓国モビデイズ社より毎月お寄せ頂いている韓国スマホ市場レポートの12月号が到着しましたのでご紹介致します。※詳細はスライドシェアをご覧ください

KM-REPORT 2014/12月号(mobidays)

G-STARその後、モバイルゲームがやってくる

1.韓国業界現状
-投資、そして協力
433の大型調達、韓国ゲームの日本向け・中国向けパブリッシングが加速
-規模ではなく誰からの出資なのか
グローバルVCのFormation8が韓国ベンチャー産業へ

2.騒がしい出前アプリの手数料競争
-「Yokiyo」「配達の民族」「配達通」「カカオ」などのプレイヤーが手数料競争でしのぎを削る出前アプリ市場
3.オフィス市場を占領せよ
-多くのIT企業がBtoCに限界を感じ組織的集客が可能なBtoBに注目し始めている
-グループチャット、イントラネットワーク、オンラインドキュメント編集などのニッチ市場に注目が集まる
-HYUNDAI、SAMSUNGの独自オフィスサービス
4.モバイルショッピング
-2014年のモバイルショッピング取引規模は約13兆ウォンと推定
5.GAME IS NOT OVER
-G-STAR2014大成功:35か国、617社参加、総ブース数2,567

サマリご紹介:韓国業界現状 -投資、協力、出資パートナー

■433の大型調達、韓国ゲームの日本向け・中国向けパブリッシングが加速
——————-
4:33 CREATIVE LAB
テンセントとLINEからの大規模な資金調達
投資規模:約1,000億ウォン~1,500億ウォンと推定
→テンセント・LINEとの出資契約によって、
「中国、日本、台湾、東南アジア市場を掌握したグローバルメッセンジャーパートナーを確保した」としています
→「10×10×10プロジェクト(10個のゲームを10か国に成功させて10社の開発会社を上場させる)」によって
韓国モバイルゲーム市場活性化に努めるとのこと
——————–
IGA Works:モバイルゲーム会社と日本のモバイルゲームパブリッシャーに出資
→今後Vinyl lab(「ラジオハンマー」が世界52か国のGooglePlayでお勧めに選定)がリリースするゲームに対して
全面的なマーケティングとサービス運営のサポートを提供
——————–
Nexision(日本アンダムル社のゲームパブリッシング部門子会社)
→「灰色都市」(433)、「栽培少年」(OWLOGUE)の日本でのパブリッシングを準備中
→今後、韓国モバイルゲームの日本進出の架け橋となるか?
——————–
SKプラネット、中国360とモバイルゲーム事業協力のためのMOUを締結
→2015年上半期、韓国-中国市場のモバイルゲーム事業協力を本格化予定
——————–
モビデイズ:ベンチャー業界大手のエンジェル投資家から資金調達
——————–
Mycoon:500Startupsから10万ドルの資金調達
——————–

■グローバルVCのFormation8が韓国ベンチャー産業へ
シリコンバレーでもトップVCのひとつとされるFormation8がイエローモバイルの企業価値を1兆ウォンと評価

⇒詳細はスライドシェアへ

寄稿者紹介:モビデイズ

モビデイズは、韓国モバイル専門のマーケティングカンパニーとして、多様で差別化したモバイルメディアミックスとプランニングを通じて、広告主にとっては最高の広告効果を、媒体には最大の収益を提供しています。(http://www.mobidays.com/
また、Facebookページやブログを通じ、韓国モバイル市場レポート[M-REPORT]とモバイル広告会社の分布[Mobiscape]を発行しています。
Facebook(日本語):www.facebook.com/mobidays.jp
[KM-REPORT]は、「Korean Mobile Report」の略語として、毎月韓国モバイル市場のIssueをまとめたトレンドレポートでございます。