【事前予約最前線】βテスト、いよいよ浸透の兆しか!?

absuke absuke
2015/02/17 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】βテスト、いよいよ浸透の兆しか!?

2月9日~2月15日に新たに開始された事前登録アプリは13タイトル
事前登録数の公表に併せたキャンペーン施策を発表したタイトルが4タイトル、
となりました。(※ABC調べ)。

jizen_150209-150215

▲2月9日~2月15日に発表された新規タイトルおよび追加施策の発表をしたタイトル一覧(ABC調べ)

-前倒しされる、ゲームのプロモーションスケジュール-

今週は新規でリリース予定のタイトル発表が多くある中で、
リリース予定の発表を先行して行うケースが複数見受けられ、
ゲームのプロモーションスケジュールがさらに前倒しになっている現象が
ひとつの傾向として見られました。

中でも、ゲームロフトのマグナメモリアは、
ティザーサイトと、ティザームービーが先行公開されており、
ミステリアスな雰囲気とユーザーへの興味をひく内容となっています。

Magna Memoria   site_cap_150216
▲画像:マグナメモリアティザーサイト。
SFの世界のような近未来都市の世界観、「1秒前の記憶が力になる」
というキーワードが出ているほかは、ゲーム内容はまだ明らかにされていない。

また、事前登録と併せてβテストのテスターを募集している事例が
いくつか見られました。今回はβテストについて触れたいと思います。

-増加の兆しを見せる、βテスト-

前回も、多様化する事前登録の方向性の一つに、
「ユーザ体験型の事前登録」を挙げましたが、
βテストも、体験版アプリのリリース同様、ユーザー体験型の施策のひとつです。

βテストとは、表記の通り、
リリース前のゲームをユーザーに操作してもらう施策です。

LINE_CROSS LEGION CBT_150216
GODGAMES_150216
▲画像上:LINE クロスレギオン/LINE
画像下:GODGAMES(ゴッドゲームス)/アソビモ
いずれも事前登録はまだ開始していないものの、すでにティザーサイトをオープンし。
Android版のβテストテスターを募集している。

一方で、ユーザーにとっては、リリース前のゲームを
誰よりも先行してプレイできる点やβテスト参加の報酬として、
ゲーム内で利用できるアイテムをもらえることもあり、
相互の意向がマッチングした形となります。

事前登録を行い、ユーザーの囲い込みを行うだけでなく、
集まったユーザーにできるだけ継続してもらえるように、
ゲーム進行上致命的な不具合や、ユーザーが続けたいと思えるような
ゲームのバランスをチューニングしていく。
リリース時の初動(集客+運用)がいかに重要かという意識、
高まり、定着しつつある傾向と言えると思います。