【事前予約最前線】尖った施策より、着実な施策の積み重ね!?モブキャスト-18-に迫る

absuke absuke
2015/02/24 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】尖った施策より、着実な施策の積み重ね!?モブキャスト-18-に迫る

2月16日~2月22日に新たに事前予約が開始されたアプリは19タイトル、
事前予約数の公表に併せたキャンペーン施策を発表したタイトルが7タイトル
となりました。(※ABC調べ)。

jizen150224

事前予約数を公表した7タイトル中、
6タイトルがハヤトクをはじめとした事前予約媒体を利用しています。

昨年1年間で事前予約が注目施策からセオリー化されていっただけでなく、
事前予約である程度まとまった数のユーザーを囲い込みしていこうというタイトルが増えており、
リリース前からのプロモーション施策が重要視されている傾向が顕著に表れていると思います。

その中で、今回は事前予約開始24時間で5万件を突破し、
その後も順調に事前予約者を募っている、モブキャストの
【18】(エイティーン) キミト ツナガル パズルを取り上げたいと思います。

【18】(エイティーン) キミト ツナガル パズル(以下、18と表記)は、
昨年の11月、モブキャストの第3四半期決算会で開発中であることが公表されたタイトルです。
その後、2015年1月には近日中にリリースであることを発表し、2月10日より事前予約を開始。
開始後、4日目の時点で事前予約者10万人を突破した事を発表しています。

mobcast_ir
▲画像:モブキャスト【18】(エイティーン) キミト ツナガル パズル開発中を公表。
資料は、第11期(平成26年12月期)第3四半期決算説明資料より

18
▲画像:モブキャスト 18 プレスリリースの課程(プレスリリースを元にABCとりまとめ)

では、どのようにして事前予約者10万人以上を囲い込んでいるのでしょうか。
自社サイトでの展開方法を調べてみました。
事前予約は自社サイト、外部事前予約媒体を並行して使用しています。

自社サイトでの事前予約方法は登録ボタンを押下するだけ。
メールアドレス登録は基本不要となっています。
※同一ブラウザでの登録は同じコードが発行されるため、ブラウザcookieで管理しているのではと推測されます。

18_001
▲画像:18 ティザーサイトファーストビュー(スマホ版)

メールアドレスの登録を嫌がるユーザーにとっては予約のハードルは低くなっている印象を受けます。
シリアルコードの発行後に任意でメールアドレスを登録すると、コードの送信が可能になり、
併せて体力回復アイテムの付与と招待用URLが発行されます。

18_00218_00318_004
▲画像:18 メールアドレス登録フォーム(スマホ版)
登録をすると、シリアルコードが送付されるだけでなく、招待用URLも発行される

また、Twitterの連携をすることで、ガチャを引くこともでき、
規定の回数を引いてもTwitterでつぶやいて拡散することで再チャレンジできます。

18_005
▲画像:18 ガチャ画面(スマホ版) Twitterの連携が必要。

18の事前予約施策のポイントは3点です。
まず、第一段階としての登録ではワンタップでメールアドレス登録が不要である点。
メールアドレスを登録する手間もなく、簡単に登録が可能です。
2点目は、メールアドレスを登録することで追加アイテムの付与される点。
登録不要なメールアドレスを敢えて登録に促すフックがここにあります。
3点目は、メールアドレス登録後に発行される友人招待用URLやTwitter連携によるガチャ併用です。

これらひとつひとつの施策は、過去、事前予約を実施していたタイトルで行われたことのある施策です。
ある意味、いろんなタイトルで実施していた施策で且つ堅実なものが、総動員されているイメージを受けました。
いずれの施策もひとつでは取り立てて尖ったような面は見受けられない一方で、
これらを組み合わせる事で、地道ではありますが、堅実な仕掛けとして効いていくのだと思います。

そして、外部事前予約媒体の併用も含め、着実な積み重ねを繰り返すことで、
事前予約総数が5万、10万と積み上がっていったのだと考えられます。
なお、同タイトルは、タイトル名にちなんで事前予約総数18万人を目標に、現在も事前予約受付中です。
今後の動きも注意深く見守っていきたいところです。