【ランキング】2月9日(月)付GooglePlayのゲームカテゴリのランキングを読み解く!

absuke absuke
2015/02/12 (Thu)
スマホゲーム集客


【ランキング】2月9日(月)付GooglePlayのゲームカテゴリのランキングを読み解く!

今週のGooglePlayのゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをピックアップ!

■GooglePlay 売上ランキング(2月9日付)

rank_uri_150209

■売上ランキング 今週の動き

TOP10に変動があり、過去にランキングに君臨していた、
魔法使いと黒猫のウィズ、白猫プロジェクト、メルクストーリアはじめとした
複数タイトルが、上位に返り咲いた結果となりました。
中でも、コロプラ発の3タイトルが、順位を伸ばしています。
注目タイトルは、今回リリース1週間で一気にTOP30にランクインした、
ドラゴンボールZ どっかんバトルをピックアップします。

注目_50x50
■今週の注目タイトル dbz_50x50ドラゴンボールZ ドッカンバトル/バンダイナムコゲームス

2月1日にリリースした本作が新着枠への上位ランクインとともに、
売上ランキングでも、早くも2月3日よりランクインしています。
以後着実に順位を上げ、2月9日時点でTOP30位目前のところまで迫っています。

dbz_rank_uri

▲グラフ:ドラゴンボールZ ドッカンバトル、GooglePlay直近の売上ランキング推移(ABC調べ)

バトルでは「気」をタッチして、敵を撃破していくシステムに加え、
不朽の名作ともいえる、ドラゴンボールに登場する世界(ランドマーク)や
強敵とのバトルをゲームでも再現しており、今後に動きにも目が離せません。

■GooglePlay 新着人気ランキング(2月9日付)

rank_shintyaku_150209

■新着人気ランキング 今週の動き

TOP50内に、新着8タイトルがランクインしました。
うち、2タイトルが、カジュアルゲーム、4タイトルのみ事前登録のなしでリリースでした。
今週は、「事前登録」を実施していたタイトルやや少ない印象をうける一方で、
海外発の日本向けにローカライズしたタイトルが新着でランクインしており、
海外からの日本への進出にも目が離せなくなるような兆しが見受けられました。

shintyaku_150209
▲表:GooglePlay今週の新着無料ゲームTOP50新着ランクインタイトル(ABC調べ)

注目_50x50
■注目新着タイトル dbz_50x50ドラゴンボールZ ドッカンバトル/バンダイナムコゲームス (1位)

売上ランキングでも前週のTOP50圏外から急上昇を見せている同作ですが、
新着人気ランキングでも、前週の6位から順位を上げ、ついに1位に到達しました。

なお、バンダイナムコゲームスからは新規タイトル、
東京喰種 carnavalも2月6日より配信開始されています。
大人気アニメで、2015年の1月より第2期の放送している、
「東京喰種トーキョーグール」がゲーム化された作品で、
すでに、初登場で27位に初登場しています。

IPタイトルの注目度の高さと初動の勢いを改めて感じる結果となりましたが、
同社の、今後のタイトルの展開にも気になるところです。

注目_50x50■注目新着タイトル cronoss_50x50クロノスリング/KONAMI (18位)

前作、キングダムドラゴニオンから間髪入れずに
2月4日より、iOS・Androidともにサービスインしました。
本作は、企画をKONAMI、制作をトライエースのタッグで贈りだした、
“時”をキーワードにしたスマホ向けゲームで完全新作です。
事前登録者数も10万人の大台を突破し、
公式Twitterのフォロワーも1万人突破しており、今後の注目度も高いタイトルです。

■おわりに

これまでは事前登録者数5万人突破が
ひとつの指標としてとらえられがちでしたが、
事前登録数10万人突破は今後、普通のこととして捉えられ、
それに伴い、事前登録にかける施策が内部・外部問わず、
強化されていくことが傾向として予測できます。