【事前予約最前線】 『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』/主流になりつつある、タイトル間での送客

absuke absuke
2015/03/24 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』/主流になりつつある、タイトル間での送客

3月16日~3月22日に新たに事前予約が開始されたアプリは18タイトル、
事前予約数の公表が3タイトル。追加キャンペーン施策を発表したタイトルが4タイトルとなりました。(※ABC調べ)。

jizen_150324
▲表:3月16日~3月22日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

大型タイトルほどリリース予定を前倒して発表!?

また開発中のリリース予定を発表したタイトルが4つありました。
過去の事例を踏まえても、大型タイトルほど初動プロモーションの前倒し傾向にあるような印象を受けました。

その中で今回は、コーエーテクモゲームスの「ぐるぐるダンジョン のぶニャが」(以降、ぐるニャがと表記)をピックアップします。

今週のPICK UP 「ぐるぐるダンジョン のぶニャが」

同作は、猫だらけの戦国時代を旅するRPG。
mobageやYahooモバゲー(PC)版・Android・iOSでも提供されている
『のぶニャがの野望』に続く、シリーズ最新作です。

ねこ武将の世界に迷い込んだプレイヤーが「織田のぶニャが」とともに、時をかけめぐるストーリー。
3Dダンジョン探索やスロットを使ったバトルだけでなく、”GPS機能”を利用した現実世界との連動もこのゲームの面白さのひとつのようです。

「のぶニャが」の事前予約施策

事前予約者数の目立った公表等はないものの、
予約受付は外部媒体と自社サイト両方で実施しています。
シリーズの「のぶニャがの野望」や同じく事前予約実施中の
「信長の野望 201X(ニマルイチエックス)」の公式サイト内にも
「ぐるニャが」事前予約への導線が設置されています。

nob_LP000
▲画像:「のぶニャがの野望」からの導線

nobu_LP02
▲画像:「信長の野望 201X」からの導線

その中でもとりわけ、「のぶニャがの野望」との連携は遊び心を持たせています。
「のぶニャがの野望」アプリをダウンロードの上、”ぐるぐるチャレンジ登録”を行うと、ニャンの利休が必ずもらえます。
また、毎日チャレンジできるスロットでは、新ねこ武将がゲットできます。(最大10種類)
なお、このねこ武将は、既存のプラットフォームで展開されている、のぶニャがの野望でも利用できるとのこと。

nobuLP_00
▲画像:”のぶニャがの野望”内にある、ぐるぐるチャレンジ登録のページ

nobuLP_03
▲ぐるぐるチャレンジにはTwitterアカウント、Twitter連携が必要

nobu_LP01
▲チャレンジ中のねこ武将たちのコレクト状況が確認できる。

さらに10種類のねこ武将をコンプリートすると、さらにレアキャラクターの
描き下ろし「伊達まシャムね」をゲットできるようで、
前週に紹介した、マゼラニカクロニクル同様、同社が保有しているタイトルを横断しての事前予約施策といえます。
すでに複数タイトルを展開しているベンダーにとっては事前予約施策で
他社との差分や独自性を出す手段として主流となりつつあるようです。