【GooglePlayランキング】 「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ」IPタイトルの強みを発揮/3月16日(月)付ゲームカテゴリ

absuke absuke
2015/03/19 (Thu)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】 「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ」IPタイトルの強みを発揮/3月16日(月)付ゲームカテゴリ

今週のGooglePlayのゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをピックアップ!

rank_150319

■GooglePlay 売上ランキング(3月16日付)

rank_uri_150316

■売上ランキング 今週の動き

売上ランキング上位5位に大きな動きは見られませんが、6位~30位は毎週のように入れ替わっている状況です。
前週TOP10圏外だった、クラッシュ・オブ・クラン、グランブルーファンタジー、スクフェスといったタイトルが
10位圏内に返り咲きました。

上位5位~10位、11~20位、21~30位間の売上規模に大きな差が出ず、
全体的に順位別に見る売上規模に差が出なくなっているのではないでしょうか。

その中で今回は、前週46位から大きくジャンプアップしてTOP10に食い込んできた、
8位のジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズをピックアップしてみました。

注目_50x50
■今週の注目タイトル jojoジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ/バンダイナムコゲームス

2014年11月に500万DLを突破し、3月11日にはリリース1周年を迎えた同作。
1周年記念の特典付与や、イベント、キャンペーンが第5弾まで用意されており、
それら順次開催されており、これがランキングアップに繋がっているといえます。

jojo_rank_150316
▲図:ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ 直近1ヶ月のGooglePlay売上ランキング推移(※ABC調べ)

jojo_universury_ivent
▲画像:公式サイト上で公開されている1周年記念イベント。(※3月19日時点)

—————————
■第1弾:ダイヤ1コを10日間連続でプレゼント!(3月2日~3月11日)
□第2弾:ダイヤガシャ「SR・SSR的中率が超×2UP実施」にアップ(3月10日14:00~3月13日23:59)
■第3弾:新規ユーザー・カムバックユーザーキャンペーン(3月2日~3月31日のうち7日間)
    期間中に新規プレイを開始したユーザーと60日プレイしていなかったユーザーに復帰日から7日間連続でプレゼント
□第4弾:1Year Anniversaryツイッターキャンペーン(3月10日14:00~3月25日23:59)
   Twitterでジョジョの名セリフをつぶやくと、抽選でダイヤやガシャチケットなど攻略に役立つアイテムがゲットできる特典コードが表示される。
■第5弾:全員参加!総撃破クエスト!「追跡!ホルホース・チェイス」開催(3月17日14:00~23日23:59)
   個人での撃破数に応じた報酬がもらえるだけでなく、ゲームに参加している全ユーザーの総撃破数に応じた、報酬が付与される
—————————

また、同作は、3月6日には、ジョジョSS公式ガイドブックが発売されただけでなく、
2015年1月よりテレビ放送が開始されているアニメ、「ジョジョの奇妙な冒険、スターダストクルセイダース」と
連動したイベントも行っています。
3月6日には期間限定でアニメ連動クエスト(『「セト神」のアレッシー 前編』 が開催されており、
今後もこのようなアニメと連動したイベントか実施される模様。
人気IPを活用したタイトルの強さだけでなく、その強みを活用したバンダイナムコゲームのノウハウが活かされた形と言えます。

■GooglePlay 新着人気ランキング(3月16日付)

rank_shintyaku_150316

■新着人気ランキング 今週の動き

TOP50に11タイトルがランクインしました。
そのうち、6タイトルが事前予約を実施していました。

rank_top50_150316

その中で今回は事前予約の時点で話題を集めていた、
モブキャストの【18】 キミト ツナガル パズル(エイティーン)をピックアップします。

注目_50x50
■注目新着タイトル 18【18】 キミト ツナガル パズル(エイティーン)/モブキャスト

【18】 の堅実な事前予約施策は、過去の記事でも紹介しておりましたが、
3月2日の時点で事前予約者数は18万人を越えた同作。3月12日にiOS/Android両OSでの同時リリースされ、配信開始5日でこの位置にランクインしてきました。

公式サイトもオープンし、サービス開始記念のキャンペーンの実施や
【18】リリース記念のデジタルコードプレゼントキャンペーンを実施中。
売上ランキングも、274位に位置づけています。18万人以上積み上げた事前予約者からの転換に加え、
今後、どのようにしてユーザーを増やいていく、仕掛けをつくっていくのか。
ランキング動きと併せて注意深く見守っていきたいところです。

注目_50x50
■今週の気になるタイトル fankiruファントム オブ キル/gumi

Fuji&gumi Gamesのファントム オブ キルが、売上ランキング前週40位から、23位にランクアップしました。
3月16日時点で100万ダウンロードを越えた事を発表し、
同日より、でんぱ組.incを起用したテレビCMが放送開始されています。

このテレビCM放送にあたり、ファントム オブ キルのアプリ、100万ダウンロード突破か否かでCM放送権が決まる!?企画が、
特設サイトで告知されていました。(※キャンペーンは3月15日で終了)
100万DL達成すれば、登場キャラクターに扮したでんぱ組.incのメンバー達による「でんぱ組.inc版」が、
未達ならば、タレントで漫画家でもある、蛭子能収さんが「ロンギヌス」ならぬ「ロンエビス」として、
コスプレして出演した「蛭子さん版」が放送されるというもの。

特設サイトでは、Twitterを利用して、ユーザーにどっちのCMをみたいかリツイートしてもらい、
どちらが優勢かに合わせて毎日文言が変更される仕掛けがなされていました。

d12879-2-101161-1
▲画像:ファントム オブ キル特設サイト(プレスリリースより)

王道と落としどころをうまく対峙させている本企画。
マス宣伝として、テレビ局が絡みつつ、その強みをうまく活用しているなという印象です。
今後テレビCMの活用が増えることが想定される中、この切り口や独自性には脱帽です。