【事前予約最前線】 「あんさんぶるスターズ!」/こまやかなパブリシティ展開とマス向け宣伝で潜在層にアプローチ

absuke absuke
2015/04/28 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 「あんさんぶるスターズ!」/こまやかなパブリシティ展開とマス向け宣伝で潜在層にアプローチ

4月20日~4月26日に新たに事前予約が開始されたアプリは13タイトル、
事前予約数の公表が2タイトル。
追加キャンペーン施策や情報追加を発表したタイトルが8タイトルとなりました。(※ABC調べ)。

jizen150427
▲4月20日~4月26日に発表された新規タイトルおよび追加施策の発表をしたタイトル一覧(ABC調べ)

新作発表や、特定タイトルのこまめな情報追加が目立つ

今週は、新作の発表(事前予約開始ではなく、タイトル自体の発表)や
特定のタイトルがこまめに情報追加をリリースしているのが目立ちました。
プレスリリースを打つことで各メディアも取り扱う機会が増えますので、
そこからおのずと目に入ってくる機会は増え、タイトルの認知向上につながります。

その中で今回は、事前予約数16万人を突破し、まもなくAndroid版リリースを控えている、
ハッピーエレメンツの「あんさんぶるスターズ!」をピックアップします。

今週のPICK UP 「あんさんぶるスターズ!」/ハッピーエレメンツ

ハッピーエレメンツといえば、先日「メルクストーリア – 癒術士と鈴のしらべ -」が
日本で350万ダウンロードを、全世界では1000万ダウンロードを突破を発表したことが記憶に新しいですが、
同作は、男性アイドルを育成していくゲームです。

事前予約は主要媒体と自社サイトのかけあわせ

事前予約は事前予約媒体と自社サイトの併用をしています。
ハヤトクをはじめとした各事前予約媒体の予約件数は、
これまでピックアップしてきたタイトルと比較して突出している印象は受けませんので、
自社ティザーサイトへの送客が強いのではないでしょうか。

自社タイトルからの導線や雑誌での特集を組んでいる

自社ティザーサイトへの送客では、
自社で既存タイトルを運用している場合は、今や定番となりつつある自社タイトルからの送客。
同作でも、「メルクストーリア」のゲーム内で同作の事前予約の導線が設置されていました。
as_01
▲メルクストーリアからあんさんぶるスターズ事前予約ページへの導線

また、乙女ゲーム情報誌『B’s-LOG(ビーズログ)』や
アニメの情報誌『アニメディア』で定期的な特集が組まれており、
さらには、アニメ・ゲーム・声優系ラジオ「音泉」で、ラジオ「あんさんぶるスターズ!~夜闇の魔物に怯える子猫~」を4月13日より配信開始、
そして、いずれの情報もTwitterでの積極的な告知がなされているなど、
ゲーム好き以外の潜在層に向けたアプローチが事前予約者16万人に繋がっていったのではないかと推測します。

as_02tas_03t
▲雑誌にて特集掲載時の告知(公式Twitterより)

正攻法のパブリシティ展開とマス向け宣伝で潜在層にアプローチ

同作の特徴としては、事前予約の施策として尖った施策や変わり種の企画を実施しているというよりは、
正攻法のパブシティ展開をこまやかに確実に積み重ねていったように見受けられます。
その中で、有名声優の起用や雑誌での特集、ラジオ配信など、
マス宣伝よりの展開+潜在層へのアプローチが事前予約数に繋がっていったのではないでしょうか。
ターゲットの性別は違えど、恋愛を軸としたゲームのパブリシティ展開事例としては、ガールフレンド(仮)に近しい印象を受けました。
Android版の配信開始が間近な同作。リリース後のランキングの動きにも注目です。