【事前予約最前線】 「ガールフレンド(♪)」/マス向けPR主体予約施策の成否はいかに!?

absuke absuke
2015/04/07 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 「ガールフレンド(♪)」/マス向けPR主体予約施策の成否はいかに!?

3月30日~4月5日に新たに事前予約が開始されたアプリは6タイトル、
事前予約数の公表が4タイトル。追加キャンペーン施策を発表したタイトルが2タイトルとなりました。(※ABC調べ)。

jizen_150406
▲表:3月30日~4月5日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

年内リリース予定のタイトルを先行して発表するケースが増加

今年に入って、事前予約開始より前に「リリース予定」「開発中」として発表されるケースが増加しています。
今週も7タイトルの発表がありました。
プレスリリースは行われずとも、メディア向けのカンファレンスなどで発表されるケースもあり、
正確な数字は把握できませんが、
徐々に初動プロモーション前倒しの傾向は顕著になってきており、
今後も、このような先行発表をするケースは増えていくでしょう。

今回は、現在事前予約受付中で、近日、ラジオとのコラボ企画を予定している、
サイバーエージェントの新作「ガールフレンド(♪)」をピックアップしました。

今週のPICK UP 「ガールフレンド(♪)」

会員数600万人を突破している人気タイトル「ガールフレンド(仮)」の新作は、
リズムゲームとしてリリース予定のタイトルです。

タイトル名が決まってないまま事前予約受付開始

昨年12月20日、東京国際フォーラムにて開催された
『ガールフレンド(仮)』配信2周年記念のリアルイベントで
新展開がサプライズ発表され、12月23日より、タイトル名も決まっていない新作ゲームとして事前予約受付が開始されました。

アニメ紅白歌合戦 Vol.4で正式タイトルとロゴの発表

タイトルとロゴが正式発表されたのは、
1月25日、国立代々木競技場第一体育館で開催された“アニメ紅白歌合戦 Vol.4”。
gfr_logo
▲「ガールフレンド(♪)」のロゴ

gfr_main
▲「ガールフレンド(♪)」のティザーサイトメインビジュアル

『ガールフレンド(仮)』に登場するキャラクターが歌ったり踊ったりする、
3Dリズムアクションゲームで、楽曲にはキャラクターソングが用いられるなど、
徐々にその全貌が明らかにされていきました。

アニメジャパンのブースで先行体験

また、先日行われたアニメジャパン2015のamebaブースにて、
ガールフレンド(仮)のリズムゲームが体験できる場が設けられていました。
(※整理券配布による人数限定の体験)

リリースされるアプリは、指で画面をタップしてリズムを刻むゲームのようですが、
特設ステージ上での体験は、大きなスクリーンにゲーム画面が映し出され、
プレイヤーはスクリーンに手をかざしてゲームを行うという仕様になっていました。

アニメジャパンへの出展が数多くある中で、
ゲームの試遊ができるブースは数えるほどでしたので、
大画面での体験会はインパクトも大きく、
体験会が始まるとゲームの内容に注目する観客や移動中足を止める人も多くいました。

animejapan02

animejapan01
▲表:3月21日アニメジャパンのamebaブースでの体験コーナーの様子

gfr_animejapan
▲表:amebaブース周辺では、同作のフライヤーが配布されていた

ミュ~コミ+プラスとのコラボ企画

ニッポン放送ラジオ番組『ミュ~コミ+プラス』とのコラボ企画も発表された同作。
4月9日(木)の放送を皮切りに、キャラクターソングの肝となる歌詞や楽曲アレンジの方向性など、
リスナーやTwitterフォロワーの意見を取り入れながら制作し、完成したキャラクターソングは、
実際に『ガールフレンド(♪)』に参加する有名声優が歌い、ゲーム内にも実装されるようです。

gfr_gf_kari_music
▲表:ミュ~コミ+プラスのTwitterより。当日の放送で歌ってくれるガールが発表される模様

マスを利用した宣伝は、事前予約にどのように影響するか。

ガールフレンド(♪)の事前予約施策は、主要事前予約媒体は使用していないようでした。
すでに配信中のガールフレンド(仮)のゲーム内の目立つ場所にも
現時点ではガールフレンド(♪)事前予約への導線が設けられておらず、
結果、マスを利用した宣伝が中心になっているようです。

ガールフレンド(仮)は元々、声優軸でのラジオ展開やリアルイベントの実施、
また、グッズ販売を行ってきたこともあり、(アニメジャパンでもグッズの販売がされていた)
そういった、マス向けの施策と親和性が高い事が過去の実績から見えてるのかもしれません。

事前予約数の公表はされていませんが、
2014年年末より事前予約受付が開始されている点や、
ガールフレンド(仮)関連のイベントで随所に告知されている点、
ラジオ番組とのコラボが開始されることを踏まえると、
今後、キャラクターボイス担当の声優ファンをはじめ、
既存のガールフレンド(仮)ファンにによって
各種ソーシャルメディアやネット媒体に掲載され拡散され、
相当数のボリュームの予約が集まっていくことが予想されます。

現時点ではリリース予定日は未定で、
βテストのユーザー募集も行っている同作。
マス宣伝の効果がどのように還ってくるのかが注目されます。