【スマホゲーム市場動向】 βテスト実施タイトル、増加中!

absuke absuke
2015/04/14 (Tue)
スマホゲーム集客


【スマホゲーム市場動向】 βテスト実施タイトル、増加中!

-はじめに-

事前予約最前線の記事にもある通り、
2015年に入ってからの傾向とのひとつとして、βテストを実施するゲームが増えています。
そこで今回は、直近でβテストを実施している(実施していた)企業についてまとめてみました。

βテストを実施する理由

ここ数年のスマホ端末の普及や機能の向上に伴い、
ゲームアプリ市場は大きく成長を遂げた一方で、
新規参入する企業が増え、
さらには海外ベンダーの日本参入等確実に競争環境が激化しており、
それに伴いプロモーション実施時期は前倒しされ、
事前予約の浸透など初期プロモーションの重要性が増してきています。
ゲーム会社にとってはリリース時に、
これまで以上により精度を上げ最適な状態で送り出すことが必要になってきています。

その一方で、スマホ端末特有のバグやゲームバランスの調整、
ゲーム進行上ユーザーにとってボトルネックになる部分の洗い出しやサーバー負荷に対する準備、さらには肝心の「ユーザーの反応」など、
開発の段階では見えにくい部分も多くあります。

βテストはベンダー・ユーザー双方にとって有意義な時間

βテストのテスターを募集しテストを実施することは、
そうした可視化しにくい部分をゲームに慣れたユーザーに炙り出してもらうメリットがあるだけでなく

ユーザーにとっても、βテストによっていち早く気になるゲームを体験することができ、
フィードバックする事でゲーム作りへ参加・応援することが可能になります。
そのため、βテストは、双方にとって有意義であるといえるでしょう。

増加する、βテスト実施タイトル

beta_150413
▲直近でα・βテストが実施されていた新規タイトル一覧(ABC調べ)

上の表は、直近でα・βテストを実施しているゲームアプリの一覧です。
iOS版は、Apple審査基準の兼ね合い(β版はリジェクトの対象となる)から
βテスト実施はほとんど行われておらず、Androidでのテスト実施が中心です。

募集規模は1000人以上を想定?

募集人数を公開していないケースがほとんどですが、サーバー負荷チェックやKPIチェックを想定している場合には、
1000人以上のまとまった規模を募集していることが考えられます。

メインはゲームバランスチェックとバグ改修

βテストの実施期間はタイトルにより異なりますが、平均して1週間~2週間程度。
テスト内容はゲームによりそれぞれですが、ゲームバランス調整やKPIチェックなどがメインではないかと考えられます。

テストマーケティング的な手法を実施しているケースも

βテスト終了後に評価やアンケートを取得するケースもあります。
実際に操作をしてみた感想、詰まってしまった点、どういう点が一番響いたか、新鮮だと感じたポイント…などなど。
これらは、ユーザーの声としてゲーム開発に反映されたり、
またどのようなユーザーに響いているかの見極めからプロモーション方針を明確にしたりなど、
マーケティング的な観点で活用されていることが想像されます。

まとめ

βテストの実施は今後も増加していく事が考えられます。
現時点では実施状況をピックアップするにとどまりましたが、
今後は定点観測し、どのようなテストを実施しているのか?などにも
さらに踏み込んでいきたいと思います。