【GooglePlayランキング】/「ゆるドラシル」積み重ねで花を咲かせ最高位更新中/4月20日(月)付ゲームカテゴリ

absuke absuke
2015/04/24 (Fri)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】/「ゆるドラシル」積み重ねで花を咲かせ最高位更新中/4月20日(月)付ゲームカテゴリ

今週のGooglePlayのゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをピックアップ!

■GooglePlay 売上ランキング(4月20日付)

rank_uri_150420
▲GooglePlay売り上げランキング(ゲームカテゴリ)※ABC調べ

■売上ランキング 今週の動き

今週の首位はパズドラが奪取。
「白猫プロジェクト」がランクアップして、久しぶりのTOP3に滑り込んできました。

大きくジャンプアップするタイトルも

TOP20は全体的に大きな変動はありませんが、
9位には、「戦国炎舞 -KIZNA-」が前週26位から、
15位には、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」が前週の33位から、
18位には、「乖離性ミリオンアーサー」が前週30位から大きくジャンプアップしました。

その中で今回は、今回はクローバーラボの「ゆるドラシル」をピックアップしました。

注目_50x50
■今週の注目タイトル ゆるドラシルゆるドラシル/クローバーラボ

2014年リリースされた同作。
2015年の1月には1,234,567ダウンロードを突破し、
売上ランキングも過去最高位の43位を記録。(※4月23日付では31位とさらに更新中)

4月11日、配信1周年を迎えた

2015年4月11日でサービス開始から1周年を迎え、
それを記念した”ゆるドラ1周年記念キャンペーン”の実施が
今回の売上ランキングアップに寄与していることは間違いないといえますが、
リリース時からの売上ランキング推移をみていただくとわかる通り、
リリースされてから1年、多少のランキングの変動はあるものの、
300位圏外に一度も落ちることなく、順調にランキングを上げてきているのがわかります。

ranksuii_150420
▲「ゆるドラシル」リリースからのGooglePlay売り上げランキング推移 ※ABC調べ

今後期待される、コラボレーション企画

ゲーム内では、「マゼラニカ クロニクル」の事前予約の送客も実施をしており、
(※現在は「マゼラニカ クロニクル」がリリースされているので公式サイトへ遷移)
同社が抱えているタイトル間での回遊やコラボレーションも今後実現されるのではないかと推測しています。
IMG_5607IMG_5609
▲「ゆるドラシル」ゲーム内の「マゼラニカ クロニクル」事前予約ページへの送客
(※現在は「マゼラニカ クロニクル」がリリースされているので公式サイトへ遷移)

ユーザーを意識したアプリの仕様変更

また、これまで遊んでいたユーザーだけでなく、
これから新たに遊び始めるユーザーにとっても、
もっと遊びやすく、楽しみやすくするため、
ガチャ当選率や体力のオーバーフローなどのアプリの仕様変更を実施しているとのこと。

きめ細かな運用を経て積み上げたランキング順位

偶然かどうか、ここ3週にわたって取り上げているタイトルがいずれも、
瞬発的にランキングを挙げていったタイトルではありません。
半年、あるいは1年という時間をかけて、それぞれのタイトルの過去最高位を更新してきたタイトルです。
派手な施策で瞬発的な集客を行うのでなく、定着しているユーザーの心をがっちりつかみ、
よりアクティブになるようなイベントを地道に実施してきたことが実を結んだ結果と言えると思います。

■GooglePlay 新着人気ランキング(4月20日付)

rank_shintyaku_150420
▲GooglePlay新着人気ランキング(ゲームカテゴリ)※ABC調べ

■新着ランキング、今週の動き<

TOP50に18タイトルがランクインしました。
そのうち、8タイトルが事前予約を実施していました。
事前予約最前線の記事やマーケティングレポートで取り上げたことのある、
あのタイトルもついにリリースされ、ランクインしてきました。

rank_shintyakutop50
▲今週の初登場タイトル※ABC調べ

その中から今週はポケラボの「ポイッとヒーロー」をピックアップします。

注目_50x50
■注目新着タイトル unnamed
ポイっとヒーロー/ポケラボ

3月18日より事前予約を開始していた同作が、初登場8位にランクイン。
受付開始から7日間で事前予約者数5万人を突破。4月9日には15万人突破を発表していました。

またプロモーション動画では、
バラエティ番組のナレーションやアニメ声優としてお馴染みの
「若本規夫」さんをナレーターに起用。
あの特徴的なセリフ回しと独特の世界観で、
「ポイッとヒーロー」の楽しさを紹介するなど、
打ち出し方でも注目されていました。

事前予約は主要媒体<自社タイトルからの送客か!?

同作の事前予約を振り返ってみたところ、
ハヤトクをはじめとする主要事前予約媒体は押さえていたものの、
数の積み上げの肝となっていたのは、「クロスサマナー」をはじめとした、
既存タイトルからの送客なのではないでしょうか。
IMG_5973
▲「クロスサマナー」のお知らせ画面。現在は「ポイっとヒーロー」の公式サイトへ送客している

売上ランキングも早速100位圏内に

同日の売上ランキングも78位と好調な滑り出しを見せています。
課金ポイントは、ガチャやヒーロー枠の拡張、スタミナ回復といったものが中心ですが、
タワーディフェンス系のゲームに協力プレイができる要素を盛り込んでいる点での面白さも
課金に繋がっているのかもしれません。

ニコニコ超会議2015に出展予定

4月25日、26日と2日間幕張メッセで行われる、ニコニコ超会議2015★に、
Wright Flyer Studios&ポケラボ共同ブース出展を予定している同社。

IMG_5974IMG_5975
▲「ポイっとヒーロー」内のお知らせ画面。現在は「ポイっとヒーロー」の公式サイトへ送客している。

ひとりでも友達との協力プレイでも楽しめる同作ももちろんブースで展示されるとでしょうが、
このようなリアルイベントをとおして、さらにユーザーを増やし、囲い込んでいくことで、
ランキングにどのような影響を与えていくか。今後も楽しみなタイトルです。