【事前予約最前線】「メタルサーガ ~荒野の方舟~」/増加する初動プロモーション前倒しと多様化傾向

absuke absuke
2015/05/12 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】「メタルサーガ ~荒野の方舟~」/増加する初動プロモーション前倒しと多様化傾向

5月4日~5月10日に新たに事前予約が開始されたアプリは6タイトル、
事前予約数の公表が4タイトル。
追加キャンペーン施策を発表したタイトルが2タイトルとなりました。(※ABC調べ)。

jizen_150511
▲表:5月4日~5月10日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

今回は、GW真っ只中ということもあり、全体的に事前予約関連の情報は少ない印象でした。
なお、GW直前の事前予約最前線は、こちらからもご覧いただけます。

その中から2015年リリース予定のタイトル「メタルサーガ ~荒野の方舟~」をピックアップします。

今週のPICK UP 「メタルサーガ ~荒野の方舟~」/サクセス

戦車で戦うRPGとして知られる『メタルサーガ』シリーズの新作ともいえる同作は、
惜しまれつつも2013年12月にサービスが終了した、「メタルサーガニューフロンティア」(ブラウザゲーム)の続編ともいえる内容で、
今までのシリーズでお馴染みの戦車やキャラのカスタマイズ要素を受け継ぎつつ、スマホ向けの内容となるようです。

同作の発表から1年、ティザーサイトの公開

同作の「指令室便り」(開発者ブログ)によると、
「メタルサーガニューフロンティア」のサービス終了後、
すぐに同作のスマホ版情報があったものの、1年近くの沈黙を続け、
2013年11月にティザーサイトが公開されました。
metasaga_main
▲メタルサーガ ~荒野の方舟~ ティザーサイトメインビジュアル

事前予約の受付はまだ開始されておらず、
ブログ、キャラクター紹介、公式Twitterへの導線が設置されています。

ニコニコ生放送でのPR展開

また、2015年2月下旬より、ニコニコ生放送で、メタルサ通信を放送中。
このような、ニコニコ生放送を使った展開も、
リリース前且つ事前予約受付前のタイトル認知を狙った
パブリシティ展開のひとつとして、
ここ最近増えている印象を受けます。

ユーザー参加型キャンペーン、”賞金首コンテスト”開催中。

5月11日より「キミの考えた賞金首コンテスト」が開催中。
ユーザーが考えたオリジナルの賞金首のイラスト・アイデアを募集するというもの。
metasaga_shokinkubi
▲メタルサーガ ~荒野の方舟~ キミの考えた賞金首コンテスト。
第1回は6月12日締め切り。今後もこのようなコンテストが実施されることが予想される。

賞金首とは、「メタルサーガ」シリーズでゲーム内の世界各地に散らばる、
ボス級のモンスターのことで、各モンスターには賞金が懸けられており、
討伐するとゲーム内で賞金が手に入るというものです。
イラスト大賞、アイデア大賞を受賞した作品は、2015年配信予定の同作
ゲーム内でオリジナル賞金首として登場する予定とのことです。

ファンにとっては自分が考えた賞金首がゲーム内に登場するのは、願ってもないこと。
こういった、リリースまでの間ユーザーの熱量を上げていくための施策は、
全体の事前施策にどのように影響してくるのかは注目です。

増加する初動プロモーションの前倒しと多様化傾向

同作の、ティザーサイト公開にはじまったパブリシティ展開だけでなく、
ここ最近の傾向として、タイトルリリースの発表やティザーサイトの公開のみ先行といった、
初動プロモーションの前倒し・多様化傾向は、
特に今年に入ってから非常に増えてきた印象を受けます。
それと併せて、事前予約受付期間自体も短期集中型が増えているようです。
パブリシティ展開の戦略にもよるため、最適な事前予約受付期間がどれくらいかは一概には言えませんが、
今後も多様化した事例を取り上げていきたいと思います。