【事前予約最前線】徹底した予約ハードル低減による件数獲得の工夫/「メイプルストーリーポケット」

absuke absuke
2015/07/28 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】徹底した予約ハードル低減による件数獲得の工夫/「メイプルストーリーポケット」

7月20日~7月26日に新たに事前予約が開始されたアプリは12タイトル、
事前予約数の公表が7タイトル。
βテストのテスター募集やテストを開始したタイトルが1タイトル
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が23タイトルでした。(※ABC調べ)。

jizen_150728
▲表:7月20日~7月26日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

事前予約数発表のタイトルが増加

今週は事前予約数を発表するタイトルが7タイトルありました。
そのうち6タイトルが5万件をすでに積み上げています。
いずれのタイトルも取り立てて尖った施策を行っているわけではなく、自社サイトと外部予約サービスの併用、もしくは外部予約サービス単体での積み上げとなっています。

今週は、ネクソンの「メイプルストーリーポケット」をピックアップしました。

メイプルストーリーポケット/ネクソン
PCオンラインゲームで人気のタイトルがついにスマホゲーム化

メイプルストーリーといえば、ユーザーID数500万人を突破しているPC無料オンラインゲームで人気のタイトルですが、
今回はそのオンラインゲーム時のどこか懐かしい雰囲気を感じさせる世界観やシステムを継承しつつ、スマホ版だけの新シナリオが追加されるなどオリジナル要素も多数搭載されているようです。

事前予約は外部サービスとの併用型

7月8日より事前予約が開始された同作ですが、
すでにさまざまな外部サービスを併用中で、事前予約数30万人突破も公表されています。
外部サービスでの予約数は10万件に迫る規模まで上っているようですが、やはりPC版のメイプルストーリーをはじめとした自社サイトへの送客が圧倒的な数を占めているようです。

その理由はPC版オンラインゲームとしての知名度があり、PC版ユーザーがスマホ版事前予約に流れてくるのはもちろんのこと、ティザーサイトでの予約は事前予約ボタン押下のみで完了するという点が大きいようです。

maplestorypocket_regi_maplestorypocket_regi4
▲事前予約時の動き。予約はcookieで管理されている模様

また、メールアドレス登録やTwitterアカウントフォローにより特典アイテムが追加される点、PC版のメイプルストーリーで遊べるアイテムがもらえる点も予約数積み上げに起因しているといえます。
maplestorypocket_regi2_
▲メールアドレスやTwitter登録による特典も付与
maplestorypocket_regi3_
▲PC版メイプルストーリーをすでにプレイしている人にも、
メイプルストーリー内で使えるアイテムのシリアルコードが配布される

パブリシティ展開の肝となるTwitter

同作のもうひとつのポイントはTwitterアカウントでの拡散が上手いところです。
Twitterアカウントは、「メイプルストーリー」(PC版)と、「メイプルストーリーポケット」それぞれで運営しており、それぞれのアカウントから同作の情報を拡散している模様。

mspoke_sns04
▲コロコロアニキに特集掲載の告知(メイプルストーリーポケットアカウントより)

MapleStory_JP01
▲メイプルストーリーのアカウントからも告知が行われ、それをRTで拾い上げることも

「メイプルストーリーポケット」のアカウントではゲーム内画像やデモ画像も情報提供されており、
事前予約の受け皿としてのティザーサイト、パブリシティ展開としてのTwitterと、
きっちりとしたすみわけがなされている印象をうけます。

mspoke_sns03
mspoke_sns01
▲メイプルストーリーポケットでのゲーム画像公開

ニコ生の活用は今後事前予約のトレンドになりそう!?

Twitterでの告知でもあるとおり、ニコ生の番組を定期的に放送中。
ネクソン自体がニコニコ生放送「NEXON公式ちゃんねる」を持っていることもあり、
放送内でネクソン保有のタイトルの紹介とともに、同作もなんらかの形で告知されたもようです。

まとめ

今回取り上げた「メイプルストーリーポケット」の事前予約施策のポイントは以下の5つになります。

・予約のしやすさ(ボタン押下のみでハードルが低い)
・Twitterアカウントのフォローやメールアドレス登録で特典追加
・PC版ユーザーを本作へ送客
・Twitterアカウントがパブリシティ展開の拡散装置に
・ニコ生での告知

特にニコ生での告知は、ここ最近、増えている印象があり、
今後事前予約のパブリッシングトレンドの一つとなってきそうな予感です。