【事前予約最前線】事前予約もデジタル中心からリアル展開(動画番組・イベント)へ/ヴァリアントナイツ

absuke absuke
2015/08/11 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】事前予約もデジタル中心からリアル展開(動画番組・イベント)へ/ヴァリアントナイツ

8月3日~8月9日に新たに事前予約が開始されたアプリは14タイトル、
事前予約数の公表が5タイトル。
βテストのテスター募集やテストを開始したタイトルが4タイトル
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が19タイトルでした。(※ABC調べ)。
jizen_150811
▲表:8月3日~8月9日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

大型IPタイトルが事前予約開始!

先日クローズドβテストを実施していた「モンスターハンター エクスプロア」ですが、
ついに事前予約の受付が開始されました。
また、バンダイナムコオンラインは「アイドリッシュセブン」の事前予約受付を開始。
同作はスマートフォンゲームを起点とした大規模メディアミックス・プロジェクトで、
今後、漫画・CD・アニメ映像等、各種メディアで展開を予定とのこと。
ここ最近ゲームアプリの傾向のひとつとして、「メディアミックスプロジェクト」が増えていますが、今後もこの傾向は予想され、スマホゲームが徐々にマスで活躍するエンタメフォーマットになっている現れと感じられます。

今週は事前予約数10万件突破を発表した、「ヴァリアントナイツ」をピックアップします。

ヴァリアントナイツ/サイバード

同作は3つの大陸(光、氷、暗黒)をめぐる壮大なストーリーが魅力の本格王道ファンタジーRPG。
3D背景と2Dモーションキャラの2.5次元の美麗なグラフィックスに加え、
協力マルチプレイのリアルタイムバトルが楽しめる作品となっており、
今年のトレンドとなっているゲーム要素がしっかりと盛り込まれています。

事前予約は外部サービス中心の併用型

事前予約は自社サイトと外部サービスの併用型。
自社サイトは6月10日よりスタートされていました。
事前予約数が1万件積みあがるごとに、特典の魔石が5個追加でプレゼントされるという、
いわゆるアンロック型。
約1ヶ月の期間を経ての10万人突破となりました。
予約数のほとんどは、外部サービス経由のものとなっているようで、
拡散装置となるガチャを使った予約サービスも複数活用しているようです。

Twitterを活用したユーザーとのエンゲージメント

公式Twitterアカウントでは、事前予約数の公表だけでなく、ゲームのCV担当声優のサイン色紙を抽選でプレゼントされる事前予約キャンペーンも行われており、すでに第6弾まで進行中。

vkn01
▲事前予約数10万人突破時の告知
vkn02
▲フォロワー数1万人突破時の告知。1000人突破ごとに同様の告知を実施している

フォロワー数に応じたプレゼントキャンペーンも行われており、
リリース前から、Twitterでのユーザーの囲いこみと、きめ細やかな運営をしている印象を受けます。

動画番組の「バリドウ」やこえずかとのコラボも

公式動画番組「バリドウ」も放送しており(既に2回目迄公開)、Youtube・ニコニコ動画でも展開中。

vkn11
▲動画番組「バリドウ」はYoutube、ニコニコ動画で視聴できる

また、ダ・ヴィンチニュースにて連載中の「声優図鑑」発の企画「こえずか」との
コラボイベントも8月12日に予定しており(チケットはすでに完売している模様です)
その模様が一部ニコニコ生放送で中継されるとのこと。
vkn12
▲こえずかとのコラボイベントを近日実施。

有名声優陣を多数起用している同作ならではのコラボイベントといえそうです。

事前予約もデジタルから動画番組やリアルイベントへ!?

同作に限らず、ここ最近の傾向として、Webサイトでの事前予約の仕掛けづくりだけでなく、
Twitterアカウントのきめ細やかな運営、動画番組の放送、Webラジオ、リアルイベントといった、内から外に向けた施策が増えつつあります。
冒頭で触れた「メディアミックスプロジェクト」の流れとも相まって、今後ゲームだけにとらわれないファンの囲い込みやファンとのエンゲージメント(絆)を深めていく施策は広がりを見せそうです。