【事前予約最前線】リリース前のパブリシティ展開に注目!開発発表から直近のパブリシティ展開を追ってみた/ゆるかみ!

absuke absuke
2015/09/08 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】リリース前のパブリシティ展開に注目!開発発表から直近のパブリシティ展開を追ってみた/ゆるかみ!

8月31日~9月6日に新たに事前予約が開始されたアプリは16タイトル、
事前予約数の公表が5タイトル。
βテストのテスター募集やテストを開始したタイトルが2タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が14タイトルでした。(※ABC調べ)。

jizen_150908
▲表:8月31日~9月6日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

ティザーサイトでゲームの情報が公開されている「ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち」は、事前予約の受付はまだ始まっていませんがβテストの募集が始まっています。
これまでもβテストの実施タイトルが増えていることは触れて参りましたが、
2015年後半にかけて、βテストの実施が初動プロモーションのもう一つのセオリーになりつつある予感がします。

今週は、enish・スクウェアエニックスの「ゆるかみ!」についてピックアップします。

ゆるかみ!/enish・スクウェアエニックス

「ゆるかみ!」は、日本各地の名産・名所を由来とするキャラクター“ゆるかみ”を探して育てる「全国!神さま育成RPG」。
馴染み深い名産品から、地元の人間だけが知っている隠れた名所まで、さまざまなモチーフのゆるかみキャラクターが登場するとのこと。
このゆるかみを探してみつけて行く収集要素と、ゆるかみを育て、装備やスキルをカスタマイズするやり込み要素の2つを併せ持っているようです。

開発開始発表から直近までのパブリシティ展開を追ってみた

同作は4月1日の開発発表から、9月4日の事前予約数10万突破の発表まで、実に半年の期間を経ています。
その間、どのようなパブリシティを行ってきたのか、時系列で追ってみました。

yurukamipr_
▲ゆるかみの直近までのパブリシティ展開(※ABC調べ)

4月末に開発を発表して以降、1ヶ月ペースでの情報公開がされています。
5月末にはティザーサイト公開に併せて、登場キャラクターの紹介、7月~8月にかけてはキャラクター情報を随時公開しています。

yurukami_02
▲画像:キャラクター紹介。(ゆるかみ公式サイトより)
PC版ではボイスも視聴でき、出身地の声優が演じた方言ボイスを楽しめる。

事前予約受付は7月下旬から

事前予約受付は7月下旬よりスタート。
外部予約サービスは、ハヤトクを中心に、主要サービスを網羅しているようで、
外部サービス以外でも、自社サイトへの送客を行っている模様。
予約数の比率は、外部6、自社4程度でしょうか。9月4日付で、予約数10万人突破も発表されています。

ゲームBGMも視聴できる

ティザーサイトと併せて、Twitter公式アカウントでも随時情報公開がされていますがSoundCloudを通して、ゲーム内のBGMの一部が視聴できるようになっているようです。
yurukami_twi
▲Twitter公式アカウントでは、SoundCloudを通してゲームのBGMが視聴できることを告知している

ゲームのBGMをプロモーションムービーだけでなく、こうした形で展開していくのも新しい試みかもしれませんね。

まとめ

ゆるかみのパブリシティのポイントを整理してみると、

・開発発表
・ティザーサイト開設
・キャラクター情報公開
・事前予約受付開始
・予約数発表

と、実に正攻法での展開がされています。
キャラクター数分のCVを担当する声優が多彩で、キャラクター関連の情報公開がティザーサイトやTwitterを通してこまめに行われている印象を受けました。
ティザーサイトにも一部掲載されていましたが、今後はメディアとのさらなる連携が予想されます。
9月中に配信開始予定とのことで、今後の動きも見守っていきたいと思います。