【事前予約最前線】事前予約プロモーションの方法、βテストのバラエティ最大化[LINE、Y!ゲームでも] / みんなの釣りバカンス

absuke absuke
2015/09/15 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】事前予約プロモーションの方法、βテストのバラエティ最大化[LINE、Y!ゲームでも] / みんなの釣りバカンス

9月7日~9月13日に新たに事前予約が開始されたアプリは10タイトル、
事前予約数の公表が4タイトル。
βテストのテスター募集やテストを開始したタイトルが3タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が15タイトルでした。(※ABC調べ)。

jizen_150915
▲表:9月7日~9月13日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(ABC調べ)

今週は事前予約開始タイトルの数こそいつもより少なかったものの、
βテストの募集開始や、これまでティザーサイトで情報公開をしていたタイトルが満を持して予約受付を開始したりと、濃い情報が公開された1週間でした。

今週は、GameBankの「みんなの釣りバカンス」をピックアップしてみました。

みんなの釣りバカンス/GameBank

同作は2015年4月のGamebank事業説明およびタイトル発表会にて公開されていたタイトルのひとつです。
この発表会では、2015年内にサービスインを予定しているスマートフォンゲーム4タイトルが紹介されましたが、すでにリリースされている「オービットサーガ」、「みんなの釣りバカンス」、同時期に事前予約と先行プレイの募集が始まっている「大集合!ワイワイパーティ」、2015年中のリリースが予定されている「Soul Gauge」と、いずれも異なるジャンルでバラエティーに富んでいます。

プレイヤー同士のコミュニケーションが肝のフィッシングゲーム

「みんなの釣りバカンス」はフィッシングをメインにしたゲームですが、
プレイヤー同士で協力して大きな魚を釣り上げたり、釣り上げた魚をコレクションする要素・
釣り大会で成績を競い合うバトル要素など、プレイヤー同士のコミュニケーションが随所で肝となりそうです。

最大8人同時プレイも可能。多彩な装備で釣りトモたちとヌシに挑む

同作の醍醐味は、最大8人まで同時プレイ可能であるところ。また多彩な装備が用意されていることも魅力のひとつといえそうです。
竿や服はもちろん、浮きや帽子などアクセサリーの組み合わせで、自分だけの個性的な アバターを作ることができるようです。装備によって見た目だけでなく能力値も変化するところは、釣りゲームではあるもののRPG的な楽しみもありますね。

事前予約受付は9月11日スタート。

事前予約は9月11日よりスタート。
自社ティザーサイトと外部予約サービスの併行はもちろんのこと、リスティング広告をはじめとした広告を併用して自社サイトへの送客も強めているようです。

tsuribaka01
▲Googleのリスティング広告での表示

また予約方法が、E-Mail・Twitterだけでなく、LINEでの登録やYahooゲームでの事前予約が可能というところが同作の予約施策の特徴といえそうです。

tsuribaka02tsuribaka03
▲LINEを使った事前予約は、釣りバカンスのアカウントを友達追加するというシンプルなもの

tsuribaka04tsuribaka05
▲Twitterでの事前予約は、Twitterアカウントの連携が必須。

tsuribaka06tsuribaka07
▲メールアドレスでの事前予約は、追加でパールが5個もらえる(9月16日まで)

tsuribaka08
▲Yahooゲームでの事前予約。(Androidのみ)

tsuribaka09
▲Yahooゲームで予約すると事前予約ガチャもたのしめる。

先行プレイも受付開始。

なお、事前予約受付開始と並行して、Androidユーザーを対象にゲームギフトで先行プレイ(βテスト)も開始しています。
tsuribaka11
▲ゲームギフトでの先行プレイの募集は残りわずか。

また過去にはY!mobileの契約者を対象にして、先着2000名に先行プレイの募集もしていたようです。
tsuribaka10
▲Y!mobile契約者を対象としたテストプレイの募集

まとめ

事前予約受付は始まったばかりの同作ですが、予約方法が定番のメール/twitterだけでなく幅広く用意されている点、特に、若い世代がよく使っているLINEやYahoo!ゲームも活用しているところは、ゲーム自体のターゲットの広さに応じて、若年層・カジュアル層も含めた幅広いユーザ層へアプローチしようとしている意欲が感じられます。

また、予約だけでなくβテストに関しても、パワーユーザーが集まるゲームギフトと、幅広いユーザーが利用しているであろうY!mobileでの使い分けをしており、
ターゲット層の広いゲームをいかにリリース時により完成度の高い形で届けることができるか、丁寧に挑戦する意図が感じられます。
これらの施策がリリース時にどういった形で実を結ぶのか、非常に楽しみです。