【アプリ市場調査】「ヒト」の視点から調査!従業員数の変動から見るスマホゲーム会社-上場ゲーム会社の従業員数推移と部門内訳-

absuke absuke
2015/09/24 (Thu)
スマホゲーム集客


【アプリ市場調査】「ヒト」の視点から調査!従業員数の変動から見るスマホゲーム会社-上場ゲーム会社の従業員数推移と部門内訳-

-はじめに-

9月17日から20日まで幕張メッセで東京ゲームショウ2015が開催されました。

IMG_1518

出展内容で見ると、スマホゲームのCygamesが最大規模の小間数126小間を展開し、コンシューマ系の会社においてもスマホゲームの占める割合は増加しており、ゲーム市場においてスマホゲームの存在感は高まっていることを感じさせました。

また17日と18日のビジネスデイの2日間の合計は5万8615人となったことも発表されました。
自身も18日に東京ゲームショウに行ったのですが、ビジネスデイにも関わらず来場者の多さに驚くとともに、ゲーム業界に関わる人の多さに改めて気づかされました。

今回の記事では、「ヒト」という視点で上場スマホゲーム各社の従業員数推移と部門内訳について調べてみたいと思います。

従業員数の変動から見えるスマホゲーム会社

調査にあたり、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、コロプラ、gumi、enish、クルーズ、オルトプラスのIR資料に内訳の記載のあった6社を取り上げました。数値は各社のIR資料より引用しています。

■ガンホー・オンライン・エンターテイメント

ガンホー
※クリックで拡大

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、直近四半期でモバイルコンシューマは全体の55%にあたる197名となりました。『パズル&ドラゴンズ』のTVCMが2012年10月に開始され、2013年は『パズドラ』が市場を席捲していた時期になりますが、モバイルコンシューマ部門の人員推移を見ると四半期ごとに平均10名ほどの増加となりました。
また「ラグナロクオンライン」などのPC部門は42人で全体の約12%となっています。

■コロプラ
コロプラ
※クリックで拡大

直近四半期の各部門ごとの割合を見ると、管理、人事、経企、リアル連携などの「コーポレート&ビジネス関連」が約20%、エンジニア、デザイナー、サポートなどの「アプリ開発&運営関連」が約80%の内訳となりました。推移を見てみると、波はあるものの毎Q大きく人員が増加しているのがわかります。直近の増員は新卒採用が大きいですが、2013年の4~9月の『黒猫のウィズ』を配信開始して以降、「アプリ開発&運営関連」の人員を積極的に採用していることから、開発のラインを増やす戦略と言うことができると思います。

■gumi
gumi
※クリックで拡大

gumiは、国内もさることながら海外の人員がここ1年半で倍以上と大きく伸びていることが大きな特徴となります。直近四半期でみても海外の人員の割合が約60%となっています。しかし、推移を見ると増加傾向も2014年11-1月期をピークに減っており、コスト削減の影響からか直近2期では減少傾向にあると言えます。

■enish
enish
※クリックで拡大

enishは海外の拠点毎に数字を公開しています。海外はフィリピン、韓国、台湾の3ヵ国で展開をしていましたが、直近四半期で韓国は0人となり、台湾が全体の約20%と大きな割合を占めています。
推移を見ると、四半期ごとに約40人づつ増員しており、直近四半期では全体で500人を超えています。

■クルーズ
クルーズ
※クリックで拡大

直近四半期で見ると会社全体の73%のソーシャルゲーム関連の人員となっています。しかしソーシャル人員および会社全体としての推移としては2014年4-6月をピークに減少傾向が見られます。コマースの人員に関しては、増加傾向となっています。

■オルトプラス
オルトプラス
※クリックで拡大

オルトプラスは国毎の記載となっています。海外展開はベトナムと韓国の2ヵ国となり、直近四半期で見ると、日本国内が全体の約60%、ベトナムが約32%、韓国が約8%となっています。推移としては、増加傾向にあり、300人に達するという規模感となりました。

まとめ

ガンホー、コロプラ、gumi、enish、クルーズ、オルトプラスの6社のIR資料より従業員数を見てきました。
あくまでも参考比較になりますが、ガンホーに関しては、『パズル&ドラゴンズ』のメガヒットを考えると、直近四半期で全体で354人と他社と比較して人員増加も多くなく、一人当たりの売上/利益が高いと言えます。

また各社で時期によって波はあるものの、全体としてゲーム会社の人員は増加傾向にあると言えます。

弊社としてはマーケティング担当の方々とお話させて頂く機会が多いのですが、今後も面白いゲームが世の中に提供されることを願うとともに、弊社も「ゲームギフト」を通して多くのユーザ様に遊んでもらうことに貢献していきたいと思います。