【GooglePlayランキング】じっくり熟成のパブリシティ展開とCBT実施で上々の滑り出しへ / 天下統一スマッシュ

absuke absuke
2015/09/18 (Fri)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】じっくり熟成のパブリシティ展開とCBT実施で上々の滑り出しへ / 天下統一スマッシュ

今週もGooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(9月14日付)

GooglePlay売上ランキング(9月14日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ

■売上ランキング 今週の動き

今週も2トップは変動なし。
「Fate/Grand Order」がじわじわと順位を上げ、TOP3にランクイン。
4位には前週紹介した、「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
が一気に順位を上げ、TOP5入りしました。
人気の高いIPタイトルとはいえ、2週目にしてTOP5入りは驚異的なスピードといえます。

7位には「ファントム オブ キル」が過去最高位にランクインしました。
8月下旬に過去最高位を更新したばかりの同作ですが、
春先にCM放送を開始後、DL数を200万DLまで一気に伸ばしてしています。

また、今週は前週比で15位以上ジャンプアップしたタイトルは多くなかったものの、
40位にはスクエアエニックスの「KINGDOM HEARTS Unchained χ」が
大ジャンプアップでTOP50入りしており、今後のさらなる躍進が期待されます。

■GooglePlay 新着人気ランキング(9月14日付)

GooglePlay新着ランキング(9月14日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ

■新着ランキング 今週の動き

今週はTOP50に4作が新着ランクイン。いつになく新着ランクインが少ない週でした。
うち、事前予約を積極的に実施していたタイトルは1タイトルでした。
今回は24位に初登場した「ご当地大戦 天下統一スマッシュ」をピックアップします。

注目_50x50
■今週の注目タイトル tnk047天下統一スマッシュ/プレイモーション

同作は、日本全国のご当地性や地元愛に焦点を当てた「ご当地キャラクター育成アクションゲーム」。
プレイヤーは愛着のある県の一員となり、同郷の仲間と力をあわせて自らの県を日本一に導いていくというもの。他県とのバトルだけでなく、ご当地キャラクターを集め育成する要素、ゲーム内にある県広場(掲示板)を通して同県の仲間とのコミュニケーションをとる要素も持ち合わせています。

パブシリティ展開は、じっくり熟成型

同作は、6月下旬に先行して公式サイトが正式公開され、併せてゲームの情報が公開されました。Twitterアカウント自体はもっと前から稼働していたようです。
従来のゲームのパブリシティ展開はティザーサイトとTwitterを同時に公開、もしくは、Twitterアカウントだけ先に公開されるケースが主ですが、同作も同様の路線をたどっています。情報発信はやはりTwitterがメインなのでしょうか。公式サイトではキャラクターのアイコン画像も公開されています。

tw04tw40
▲ご当地キャラのアイコン。宮城県のずんだ餅(左)と福岡博多のラーメン(右)。名産、名物、著名人が擬人化されている。(公式サイトより)

twitter.com_tnk_47_00
▲ファン向けにブログなどで使用できるサインキットも用意

事前予約は7月下旬から開始。同時にCBTのテスターも募集

事前予約は7月下旬よりスタート。自社サイトと、ハヤトクをはじめとした外部予約サービスの併行型でした。予約数は8月中旬の発表によると、5万件は突破しているとのこと。最終予約数の公表こそありませんでしたが、自社、外部併せて10万件に迫る積み上げだったのではないでしょうか。

twitter.com_tnk_47_01

事前予約と併せてCBTのテスターも募集がされました。
登録時はGmailが必要であること、Androidのみであることを考えると、GooglePlayのβテスト機能を活用していたと推測されます。テストの内容は、当選者にのみ抽選の結果通知されるため、内容は不明ですが、テスト期間は8月11日~18日の1週間ほどだったようです。

twitter.com_tnk_47_03_!
▲CBTだけど情報をこっそり公開してもいいというところは優しいですね

Twitterくじによるキャンペーンも実施

事前予約5万人突破の記念に8月11日~8月17日の1週間限定でTwitterくじキャンペーンも実施されていました。1日1回所定のツイートをすることでくじ引きを楽しむことができ、限定キャラクターやアイテムが抽選で当たるキャンペーンで、何回もくじ引きをしながら景品を集めていくタイプのものでした。

002
▲Twitterキャンペーンの商品内容。(プレスリリースより)

初登場24位のスタート。βテストの効果はいかに

βテスト実施の際によく見かけるのが、「テスト時のデータは正式版には引き継ぐことができません。ご了承ください」といったユーザーにとっては少し残念な案内ですが、同作は、アプリのアップロードによってβテスト時の引継ぎが可能である旨がTwitterでアナウンスされていました。

twitter.com_tnk_47_04
twitter.com_tnk_47_05
▲ユーザーの要望に応え、βテスト時のデータ引継ぎをできるように調整したようです。

9月8日より正式リリースされ、初登場24位のスタートを切った同作。
今後さらに順位を上げてくることが予想されます。