拡大するβテスト市場を調査!βテスト実施タイトルと未実施タイトルのリリース後のランキング推移とレビューを比較

absuke absuke
2015/10/08 (Thu)
スマホゲーム集客


拡大するβテスト市場を調査!βテスト実施タイトルと未実施タイトルのリリース後のランキング推移とレビューを比較

はじめに

リリース前にβテストを実施するアプリは半年前の5倍(ABC調べ)に増え続けており、
事前予約の市場と同様に急激に拡大する気配を見せています。

今回はβテスト実施タイトルと未実施タイトルにおいて、その後の売上ランキングや新着ランキングの推移やレビューについて比較調査を行いました。

【調査方法】
①7月8月9月にGooglePlayゲーム新着ランキングに入ったタイトルを調査
②上記から、主な外部の事前予約媒体での獲得が10,000件以上のタイトルをピックアップ
※売上上位を狙うタイトルに絞って調査を行うため
③上記タイトルからβテスト実施未実施タイトル別にリリース後の平均ランキング推移やレビューを調査

・対象タイトル:51タイトル
・βテスト実施タイトル:12タイトル
・βテスト未実施タイトル:39タイトル

※弊社ランキングツール「GPAnalyzer」を利用して、ランキングデータ抽出しています

 

新着ランキング

βテスト新着
※クリックで拡大

新着ランキングからは主にGooglePlayの新着ランキング施策を行っているかどうかがわかります。
βテスト実施タイトルがより上位にいるということは、
理由のひとつとしてランキング施策により多くの広告費を投下していると考えられます。

弊社でもβテスト「サキプレ」を提供しており、お客様のお話を聞くことが多いのですが、
βテストの結果を参考にリリース初期の広告費を増額し、
GooglePlayの新着ランキング施策に広告費を追加した会社様もありました。

βテストの結果を踏まえて、プロモーションによる獲得の機会損失を無くし、
初期プロモーションにおいて適切な広告費を投下することで
ヒットタイトルに近づくことができると言えるかもしれません。

平均レビュー

βテスト実施タイトルと未実施タイトルのレビューの差を見てみます。
今回の調査ではレビューに関して明らかな違いが数値としてあらわれました。

βテストレビュー
※クリックで拡大

実施タイトルと未実施タイトルには平均して0.4点の差がありました。
βテストではリリース前にユーザの声を聞くことができるというメリットがありますが、
その点がこの結果に大きく反映されていると言えるかもしれません。

売上ランキング

最後にβテスト実施タイトルと未実施タイトルの売上ランキングの推移を調査すると下記のようになりました。

βテスト売上Rank
※クリックで拡大

ランキング推移を見るとリリース7日後から違いが生じてきたことがわかります。
βテスト未実施タイトルは売上ランキングの下降が始まるのに対して、実施タイトルも一時ランキングは下降しますが、
150位まで再度上昇を見せています。

 

おわりに

βテスト実施タイトルは増加していますが、現状はスマホゲームのβテスト市場は黎明期にあると言えます。

リリース前にユーザの声を聞くことでアプリ内のチューニングなどが主な目的となっていますが、
今後βテストを実施するタイトルが増加しそのデータやノウハウが蓄積されることで、
βテストの実施によってリリース後のより正確な売上予測や適切な広告費投下なども可能になると思います。

そうなればβテスト実施タイトルと未実施タイトルの違いはより大きな違いとして
数値にあらわれてくるのではないでしょうか。

 

○サキプレに関するお問い合わせはこちら