【GooglePlayランキング】売上上位に食い込んだ今夏新規タイトルはIP2タイトルのみ、既存タイトルの壁の厚さを感じさせるランキングに

absuke absuke
2015/10/05 (Mon)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】売上上位に食い込んだ今夏新規タイトルはIP2タイトルのみ、既存タイトルの壁の厚さを感じさせるランキングに

今週もGooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(9月28日付)

売上ランキング(9月28日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

■売上ランキング 今週の動き

今週はトップ3の変動はなし。
4位に、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」が前週16位から
ジャンプアップして順位を上げTOP5入りしました。

新CMが9月10日より放送開始され、俳優の「北大路欣也」さんが竜王役として登場。
ドラクエシリーズのストーリーを彷彿とさせるあのフレーズが。
dqm01
▲実写版竜王は迫力満点!? ※スクウェア・エニックスYoutube公式チャンネルより

併せてCM連動キャンペーンも開催されており、過去最高位の3位まであとわずかのところまで来ています。
その他、今週のジャンプアップタイトルは以下の通り。( )は前週比のランクアップ

7位 魔法使いと黒猫のウィズ (45↑)
13位 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ (30↑)
15位 蒼の三国志 (16↑)
16位 ONE PIECE トレジャークルーズ (44↑)
19位 サモンズボード (20↑)

■GooglePlay 新着ランキング(9月28日付)

新着ランキング(9月28日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

■新着ランキング 今週の動き

今週はTOP50に4作が新着ランクイン。
うち、事前予約を実施していたタイトルは1タイトルでした。

gumiの新作Wakfu Raidersが首位に

首位にgumiの新作「Wakfu Raiders」がランクインしました。
同作は、2012年にAnkamaよりリリースされ、大成功を収めているMMORPG『ワクフ(Wakfu)』の世界観を元に、
スマートフォン向けに開発された新作。開発、運営は、gumiの子会社であるgumi Asia, Pte Ltd.が担当。
6月のプレスリリースでは、グローバルで配信されることが発表されておりました。

事前予約もタイトル発表と共に受付開始されていましたが、
外部サービスを併用せずに、自社サイト中心による囲い込みだった模様。
リリース後の広告展開にフォーカスしていることがうかがえます。

既存タイトルの壁はまだまだ厚い

連休を挟んでいたためか、売上・新着ランキングにともに、ランキング変動は穏やかな印象です。

売上ランキングでは、8月から9月の上旬にかけてリリースされた新作タイトルのうち、
TOP50に食い込んでいるタイトルは、

・アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
・Fate/Grand Order

の2つのIPタイトルにとどまっています。既存タイトルの壁の厚さを感じずにはいられません。
既存タイトルへの壁に風穴を開けるタイトルが今後現れることに期待です。