【GooglePlayランキング】人気IPタイトルが強さを見せる!『FINAL FANTASY GRANDMASTERS』は新着と売上Rankに同時ラインクイン

absuke absuke
2015/10/13 (Tue)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】人気IPタイトルが強さを見せる!『FINAL FANTASY GRANDMASTERS』は新着と売上Rankに同時ラインクイン

今週もGooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(10月5日付)

売上ランキング(10月5日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

■売上ランキング 今週の動き

今週も2トップは変動なし。
3位には、「LINEツムツム」が前週5位からTOP3へ返り咲き。
9位には、「グランブルーファンタジー」が前週21位からTOP10に返り咲きを果たしています。

TOP10以降のネクスト枠、12位には「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」が前週22位から、
17位には、「サマナーズウォー」が前週32位から、18位には「ディバインゲート」が前週79位から
ジャンプアップでランクインしています。

また、46位には、FINAL FANTASY GRANDMASTERSが初登場で46位にランクイン。
人気IPシリーズはやはり強いですね。

aN3HhWfWflB40EhawNtTQDniig_iCpslk_m6r4Qz_VchZEgfnw5jyf6WuVq8g5O5Fbc=h900

■GooglePlay 新着ランキング(10月5日付)

新着ランキング(10月5日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

■新着ランキング 今週の動き

今週はTOP50に23作が新着ランクイン。
うち、事前予約を積極的に実施していたタイトルは10タイトルでした。

事前予約を実施していた注目タイトルが続々と

CPt6myCU8AAUp_W

2位には事前予約数10万件突破を発表している「ガルズモンズ」がランクイン。
9月25日にAndroid版をリリースしていた同作は、
リリースと同時に積極的にプロモーションを実施しているようで、
配信開始11日目にしてこの位置に初登場しています。

「FINAL FANTASY GRANDMASTERS」は7位スタート

事前予約最前線でも紹介した同作は、事前予約期間わずか2週間ながらも、
10月1日にリリースされ、リリース後、わずか5日でこの位置にランクインしています。
売上ランキングでも46位に初登場を果たしており、人気IPの強さを示しています。

人気IP、「終わりのセラフ」も10位スタート

人気TVアニメとして定評のある同作は、初登場10位でスタート。
人気IPのパブリシティ展開のノウハウを豊富に持っているバンダイナムコゲームスは、
同作でも確実にランキング上位に送り出してきました。

βテストを積極的に実施していた、「VALHALLA CUBE」は17位スタート

サキプレで先行プレイを募集し、自社でもβテストを実施していた、VALHALLA CUBE
9月29日より配信開始され、17位からのスタートを果たしています。平均評価も★3.6とまずまずのスタート。
今後のランキング上位へ上り詰めていく事が予想されます。

乙女ゲーム、「夢色キャスト」は28位にランクイン

セガが送り出す乙女ゲーム、「夢色キャスト」は28位にランクインしました。
事前予約特典は、予約時の人気投票で1位になったキャラクターがSR特典として付与されるものでした。
女性ユーザーに特化しているという点では、他タイトルと比べランキングの立ち上がりこそこの位置ですが、
「夢100」や、「あんさんぶるスターズ」のように売上上位に食い込むタイトルとなっていくか期待です。

期待のタイトルが好スタートをきっている一方で…

今週初登場のタイトルは、事前予約最前線でも取り上げたことのあるタイトルや、
人気IPのスマホゲーム版など、ユーザーからの期待も大きいタイトルが多くランクインしました。

リリース後も順当に新着ランキング上位にランクインをしている一方で、
各タイトルの公式Twitterや公式サイトを見てみると、
リリース後に不具合や障害が出ているタイトルもあるようです。
(※そのほとんどは現時点で、不具合や障害は解消されています)

リリース前の入念なチェックにより、
ゲームの精度を高めた形で送り出しているタイトルがほとんどと思いますが、
一方で、リリース直後の予期せぬ不具合や障害は大きな痛手となり、
ユーザーが離れていくリスクともなっていることがわかります。

ゲーム会社にとってもユーザーにとってもネガティブな事象となるため、
βテストの実施などによって、リリース時の不具合や障害のリスクを減らした上で
ゲームがリリースされるかたちになればと思います。