10月の外部事前予約媒体での予約数No1は『スーパーガンダムロワイヤル』 / 2015年10月外部事前予約媒体のまとめ

absuke absuke
2015/11/10 (Tue)
スマホゲーム集客


10月の外部事前予約媒体での予約数No1は『スーパーガンダムロワイヤル』 / 2015年10月外部事前予約媒体のまとめ

2015年も残すところあと2ヶ月をきりました。
今回は2015年10月の事前予約の市場をまとめてみたいと思います。

ランキングの調査に関しては、弊社ランキングツール「GPAnalyzer」を使用しています。
また事前予約に関しては、弊社AppBroadCast調べの数値となります。

10月はゲーム新着ランキングへのランクインタイトル数が今年最大に

新着ランキング
※クリックで拡大表示

GooglePlayのゲーム新着ランキングにランクインしたタイトルは、
9月の1,539タイトルから約100タイトル増加し1,636タイトルとなりました。

2015年の各月のランクインタイトル数で見ても最も多い月となっており、
「成熟期」に入ったと言われるアプリ市場ですが、
引き続きリリースタイトルが増えてることがわかります。

 

主要媒体での事前予約数は2015年は毎月100万件超へ

また10月の主要事前予約媒体でのAndroidとiOSの合計予約数は1,040,792件となり、
2015年は1月から10ヶ月連続で主要事前予約媒体での合計予約数が100万件を超えました。

主要媒体での10月の事前予約数ランキング(Android)

主要事前予約媒体での10月の事前予約数を調べてみました。

 

第1位 スーパーガンダムロワイヤル/バンダイナムコエンターテイメント
Screenshot_2015-11-10-12-11-44

10月の一か月間で最も多い予約数を集めたタイトルは『スーパーガンダムロワイヤル』となりました。
8月6日より自社ティザーで事前予約を開始し、当初は外部の事前予約媒体への掲載はありませんでしたが、
10月初旬から外部の事前予約媒体での掲載を開始していました。

アプリの配信開始が10月16日になるため、外部の事前予約媒体では短期間の掲載となりましたが、
『ガンダム』というIPのパワーもあり、10月の外部事前予約獲得数の第一位となりました。

参照:
http://appbroadcast.jp/2015/09/150901/

売上ランキング推移
※クリックで拡大表示

『スーパーガンダムロワイヤル』の配信開始後のGooglePlayの売上ランキングを見ると
11月7日は自己最高位となる31位を記録するなど、順調なスタートを切っていると言えます。
第2位 ビーナスイレブンびびっど!/アメージング

Screenshot_2015-11-10-12-10-36

第二位はアメージングの『ビーナスイレブンびびっど!』となりました。
本作はシリーズ累計120万ユーザーのビーナスシリーズの最新作となります。
手に汗握る試合、選手の育成、クラブチーム経営といったサッカー要素だけではなく、
豪華声優陣による女の子たちとの楽しいやりとりも体験できる、
美少女育成サッカーシミュレーションのゲームとなっています。

『ゲームギフト』では、3日連続で登場キャラの紹介を行うなど、
上手くコンテンツ訴求を行い、事前予約数を積み上げたことが伺えます。

売上ランキング推移2
※クリックで拡大表示

『ビーナスイレブンびびっど!』も直近の配信開始になりますが、
GooglePlayの売上ランキングも急激な右肩上がりとなっており、
どこまでランキングを伸ばせるか注目したいと思います。

 

第3位 メタルサーガ ~荒野の方舟~/サクセス

Screenshot_2015-11-10-12-23-02

第3位にはサクセスの『メタルサーガ ~荒野の方舟~』がランクインしました。
「事前予約最前線」でも5月12日と10月13日の2回取り上げるなど、
長期間にわたる事前予約を展開していました。

外部の事前予約に注目すると、10月初旬から一部媒体で開始していたようですが、
10月下旬に媒体を増加し積極展開を行った結果、獲得数が一気に増加したようです。

11月2日には『メタルサーガ ~荒野の方舟~』の事前登録者数の合計が
10万人到達が発表されています。

参照:
http://appbroadcast.jp/2015/05/jizen_150511/
http://appbroadcast.jp/2015/10/jizen_151013/

 

おわりに

先日、『モンスターストライク』を運営するミクシィが
新作タイトル『ブラックナイト ストライカーズ』の年内リリースを発表するなど
年末に向けてビッグタイトルのリリースも控えています。

2015年も残り少なくなりましたが、
アプリ市場をさらに活性化させるようなアプリの登場を
楽しみにしたいと思います。