【GooglePlayランキング】人気IPシリーズ最新作が新着・売上ランキング上位に初登場/星のドラゴンクエスト(10月26日付)

absuke absuke
2015/11/02 (Mon)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】人気IPシリーズ最新作が新着・売上ランキング上位に初登場/星のドラゴンクエスト(10月26日付)

今年も残すところあと2ヶ月に!?
今週もGooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(10月26日付)

売上ランキング(10月26日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

■売上ランキング 今週の動き

今週もモンスターストライクがTOP。2位はパズル&ドラゴンズと変わらず。
3位は、Fate/Grand Orderが、前週8位からTOP3に返り咲きました。

7位には、ドラクエシリーズの最新作、
「星のドラゴンクエスト」がリリースわずか1週間で初登場ランクインしました。

TOP10以降のネクスト枠、
16位には「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」が、初登場ランクイン。
17位には「ONE PIECE トレジャークルーズ」が前週64位から、
19位には「オルタンシア・サーガ」が前週78位から大ジャンプアップしています。

なお、今週3位にランクアップしたFate/Grand Orderは、
8月1日のリリース以降、2日付で初登場27位を記録し、
以降、3か月にわたって、TOP10圏内をキープしています。

rank_fate151026
▲Fate/Grand Orderのリリース後の売上ランキング推移。

なお、9月30日付と10月30日付で最高位、2位を記録しており、
長く続く「モンスターストライク」「パズル&ドラゴンズ」の牙城を崩す最有力になりそうです。

■GooglePlay 新着ランキング(10月26日付)

新着ランキング(10月26日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

■新着ランキング 今週の動き

今週はTOP50に新着30作と、実に半数以上がランク入れ替わりとなりました。

首位は「Minions Paradise」が前週8位よりランクを上げて首位に。
同作は、世界的ヒットとなった映画「怪盗グルー」シリーズに登場するマスコットキャラ、
ミニオンたちが主役となって島をカスタマイズしていく、箱庭系ゲームです。

初登場タイトル続々ランクイン。

今週新着ランキングに初登場ランクインしたタイトルは以下のとおり。
「妖怪ウォッチ ぷにぷに」(2位)「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」(3位)
「星のドラゴンクエスト」(5位)「三国真龍伝ー覇王の大陸」(6位)
「プロ野球スピリッツA」(8位)「スーパーガンダムロワイヤル」(10位)

実に、TOP10中6作が初登場となりました。
そのほとんどが人気IPシリーズでもあり、IPタイトルの強さを物語っています。

星のドラゴンクエストは売上ランキングでも初登場7位の好スタート

初登場5位にランクインした、「星のドラゴンクエスト」はシリーズ最新作。
これまではコンシューマーゲームとして発売されていたタイトルが、
スマホ版としてリリースされることが多くありましたが、同作はスマホ向けのオリジナルタイトルとなっています。
コンシューマー向けタイトルとして大ヒットを飛ばしてきたシリーズが、
スマホ向けのオリジナルタイトルとして今後どのような盛り上がりを見せていくのか注目です。

おまけ・GooglePlay売上ランキングにみる傾向

10月1週目の記事
8月から9月の上旬にかけてリリースされた新作タイトルのうち、
売上T上位に食い込んでいるタイトルは、
「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」「Fate/Grand Order」
2つのIPタイトルにとどまっていることを紹介しました。
その後の動きを改めて調べてみたところ、売上TOP20位内に食い込んでいるタイトルのうち、
その8割が2014年以前にリリースされたタイトルであることがわかりました。
rank_top20_151026
▲売上TOP20にランクインしているタイトルのリリース時期一覧。
ランクインしているタイトルのほとんどが2014年以前にリリースされている。(※ABC調べ)

リリース前の囲い込みとリリース直後スタートダシュでユーザーを囲い込むだけなく、
長期的なきめ細やかな運用を続けていく事も、売上上位にランクインし続ける要素となりつつあるようです。