【事前予約最前線】事前予約数15万件を突破したKlabの新作は、完全オリジナルタイトル。予約特典付与は…!?/パズルワンダーランド

absuke absuke
2015/12/08 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】事前予約数15万件を突破したKlabの新作は、完全オリジナルタイトル。予約特典付与は…!?/パズルワンダーランド

11月30日~12月6日に新たに事前予約が開始されたアプリは14タイトル、
事前予約数の公表が7タイトル。βテスト関連の告知が2タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が9タイトルでした。(※ABC調べ)。

11月30日~12月6日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧

今回は、Klabの、「パズルワンダーランド」をピックアップします。

「パズルワンダーランド」/Klab

Klabといえば、今年の初めのピックアップベンダーでも取り上げたように、
IPを活かしたタイトル活用で強い印象がありますが、
同作はオリジナルタイトル。満を持してのリリースとなるようです。

新しい要素「まわす」が入ったパズルシステム

パズルゲームといえば、繋ぐ、消す、連鎖するといったシステムが想像できますが、
同作は、「まわす」という新しい要素が入ったパズルシステムが搭載されているようです。

puzlan05puzlan06
▲パズルワンダーランド公式サイトより

システム自体は、従来のラインパズルと同様のようですが、
繋いでいく中で行き詰ってしまった場合、マナと呼ばれるパズルチップを回すことで、
新しいルートを作ることができるのも、新しいシステムといえるのではないでしょうか。

パズルの盤面にキャラクターが載っているところも新しい感覚を覚えます。
最大4人で同時に遊ぶことができるところも、ゲームのおもしろさがアップする要素かもしれません。

puzlan04
▲最大4人でのマルチプレイのイメージ(公式Twitterより)

事前予約は外部予約サービスとの併用型

事前予約は約1か月前の11月2日より受付開始。
外部事前予約サービスと自社サイトの併用型をとっています。
外部予約サービスとの自社サイトの予約比率は1:3程度のようですが、
Twitterのフォロワー数などを踏まえると、
外部サイトから自社サイトへの送客を行っていることも推測されます。
12月7日時点で、Twitter公式アカウントで事前予約数15万人の発表がされております。

puzlan03
▲リリース前日に予約数15万人を発表(公式Twitterより)

アンロック型の予約特典。 付与ポイントは、リリース後、30日以内にチュートリアル突破。

予約特典は、予約総数に応じてアイテムが追加で付与される、いわゆるアンロック型の展開です。
puzlan01
▲予約特典の一覧(公式サイトより)

従来の予約特典と異なるところは、ゲームリリース時に特典の配布ではなく、
「リリース後、30日以内にチュートリアルをクリアしていること」が報酬を貰える条件となっている点といえます。

まとめ

今回パズルワンダーランドの配布方法でも取り上げた、
「リリース後、30日以内にチュートリアルをクリアしていること」が報酬を貰える条件
のように、ここ数カ月で予約特典の配布方法に変化の兆しがでているようです。

例えば、パズルワンダーランドのようなアイテムがもらえる条件がチュートリアル突破の場合、

・予約したユーザーがどれくらい転換していくのか。
・転換後の継続率に差が出るのか

なと、従来の配布方法と差が出るのか非常に興味深いです。
各ゲーム、そのアプローチの仕方はさまざまであり、現時点ではその傾向など読み切れない部分がありますが、
引き続き、事前予約の手法の1つとしてウォッチしていきたいと思います。