TV番組の冠スポンサーなど2015年下半期における大型プロモーションが圧巻だった「Cygames」!直近での協賛・スポンサー活動を振り返る

absuke absuke
2015/12/24 (Thu)
スマホゲーム集客


TV番組の冠スポンサーなど2015年下半期における大型プロモーションが圧巻だった「Cygames」!直近での協賛・スポンサー活動を振り返る

時の流れは早いもので、今年も残りわずかになりました。
年末年始は多くのTV特番が放送されます。

先日もTVを見ていると、あるお笑い番組のスポンサーにスマホゲーム会社の名前がありました。

「Cygames」です。

Cygamesといえば、「グランブルーファンタジー」、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」、
「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」など、
沢山のヒット作を生んでいるサイバーエージェントグループのスマホゲームの企画開発・運営会社です。

先述のTV番組のスポンサーなど、最近は大型プロモーションが目立っていますが、
今回はそんなCygamesの2015年下半期におけるプロモーション施策を振り返ってみたいと思います。

■7月以降のスポンサーや協賛などのプロモーション

Cygames
※クリックで拡大表示

上記、プレスリリースベースで抜き出してみました。
(上記以外に、TVCMやwebプロモーションを沢山実施されていると思います)

主なハイライトでいうと、サガン鳥栖とのスポンサー契約、東京ゲームショウ出展、
「M-1グランプリ」協賛、「THE MANZAI 2015 プレミアマスターズ」の冠スポンサーといったところでしょうか。

①サガン鳥栖とのスポンサー契約

4738e66d
引用:https://www.cygames.co.jp/news/news-13600/

J1サガン鳥栖のユニフォームの背中部分の広告掲載と、スタジアムにおける広告掲載を行っております。
契約期間は、2015年7月1日から、2016年1月31日になります。
8月には「Cygames presents Special Match」と題して、
リーガエスパニョーラの強豪アトレティコ・マドリードとの親善マッチも協賛しました。

最近はコロプラをはじめ、スポーツにおける協賛も増えてきておりますが、
Cygamesも非常に積極的に行っているのがわかります。

②東京ゲームショウ2015出展

f9e6fd3a

3f273999

数あるブースの中でも一際目立ってましたが、それもそのはず、
今年のゲームショウにおいて最大規模の126コマのスペースを使用していました。

その他、海浜幕張駅での広告掲載や、駅出口での水とティッシュ配りなど、
会場外での活動も目立っていました。

③「M-1グランプリ」協賛

623deaea
引用:http://www.m-1gp.com/

今年5年ぶりに復活した漫才の日本一決定戦「M-1グランプリ2015」のプレミアムスポンサーとして協賛しました。
同じスポンサーとしては日清食品やファミリーマート、ユニクロとも肩を並べる形となりました。

④「THE MANZAI 2015 プレミアマスターズ」の冠スポンサー

先日、フジテレビ系列で放送された、日本最高峰の漫才師が集まる“年に一度の漫才の祭典”『THE MANZAI』。
こちらは冠スポンサーとして協賛しました。番組名も『Cygames THE MANZAI 2015 プレミアマスターズ』となり、
漫才におけるスタンドマイクにもCygamesのロゴが入り、存在感バツグンといえる協賛だったのではないでしょうか。
スマホゲームでも、数年前よりTVCMを打つ会社も多く出てきておりますが、
TV絡みという点では今回のCygamesのように特番の協賛といったことも出てくるのではないでしょうか。

上記以外にも、「グランブルーファンタジー」を中心にTVCMなどプロモーションを積極的に行っており、
ロゴやタイトルを見かけることが多くなってきています。

一例を挙げると、フィギュアスケートグランプリファイナルや、
クラブワールドカップなどの大きなスポーツの大会のTVCM枠でも出稿が見受けられます。
こうした積極的且つ大型のプロモーション施策が会員獲得を促進している要因の一つにもなっているかと思います。

■業績について

197bb35e
※2015年12月14日官報より引用

Cygamesの気になる決算情報ですが、2015年9月期は当期純利益が62億2000万円(前期比+134%)と
大きな飛躍を見せています。これだけ大きなプロモーション施策を行いながらも、
しっかりと利益を残してきております。良いサイクルが回っていることが感じられるかと思います。

年末にかけての協賛やTVCMといった大型プロモーション施策に加え、
今後の新作投入など、同社のマーケティング施策からますます目が離せなくなりそうです。