増加するスマホゲーム銘柄IPO!今後IPOするスマホゲーム銘柄として挙がることが多い「バンク・オブ・イノベーション」の直近の業績推移を調査

absuke absuke
2016/01/13 (Wed)
スマホゲーム集客


増加するスマホゲーム銘柄IPO!今後IPOするスマホゲーム銘柄として挙がることが多い「バンク・オブ・イノベーション」の直近の業績推移を調査

昨年も幾つかのスマホゲーム銘柄がIPOを果たしていますが、
今後もIPOするスマホゲーム会社は出てくると思います。

今回は、IPOの予想でも度々名前の挙がることが多い会社にフォーカスしたいと思います。
それは株式会社バンク・オブ・イノベーションです。

バンク・オブ・イノベーションは、「幻獣契約クリプトラクト」や「征戦!エクスカリバー」、
「ポケットナイツ」などなど複数タイトルを保有しヒットも飛ばしており、
ゲームのジャンルはRPGモノが中心となっています。

■直近3期の業績推移

BOI純利益推移
(クリックで拡大表示)
※官報より数字引用

業績は着実に成長しており、昨期(第10期)純利益は3,900万円と昨対比133%と躍進しています。
今期どこまで成長できるか注目です。
また12月に発表された、第14回「アジア太平洋地域テクノロジーFast500」において、
日本企業で1位(総合で33位)を受賞するなど、収益成長率の高さも証明されています。

そんな同社、今ではスマホゲーム事業としておなじみですが、
実はスマホゲーム事業にシフトしたのは2012年の話になります。

元々は動画検索エンジンサービスなどを運営しておりました。2012年に事業の舵を切ってからは、
ゲームリリースもそうですが、海外展開やイノベーションラボの設立など、
新規領域においても積極的な投資を行ってきている模様です。

ゲームについて少し見ていくと、同社としてのスマホゲームアプリ1作目となる「征戦!エクスカリバー」以降、
RPGモノが中心ですが、アバターを使ったゲーム展開が特徴的と言えるかと思います。
コミュニケーション促進など様々な狙いがあると思われますが、
他ゲームとの差別化ポイントとして同社が取ったポジションニングが見て取れます。

■今期および今後の動き

業績推移の表にもありますが、今期も攻めの姿勢が早くも見て取れます。
7億円の資金調達、オフィス移転、コーポレートアイデンティティの改定、子会社設立などが
今期1Qの間に発表されています。

d47a6ea2-s

100%子会社「株式会社ブルーナ」の設立については、ゲーム外の事業の柱を生むための立ち上げと思われます。
スマホゲーム事業で伸ばしてきておりますが、ゲーム外への投資も行うあたり幅広い展開が期待されます。

また、人への投資として、2016年新卒を27名採用(外部採用サイト参照)しているようですが、
150名強の会社規模感とはいえ、これだけの新卒採用を行う点は大変興味深いです。

今後、引き続きゲーム事業をメインではありますが、ゲーム以外におけるサービス展開も期待が掛かります。
また、現在の東アジア中心での展開に加え、東南アジアや英語圏においても加速してくるのではないでしょうか。
バンク・オブ・イノベーションの今期の動きが楽しみです。