【GooglePlayランキング】 1月第1週の売上ランキングTOP50ランクインタイトルの半数が年末年始、CM放送を実施していた(1月4日付)

absuke absuke
2016/01/12 (Tue)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】 1月第1週の売上ランキングTOP50ランクインタイトルの半数が年末年始、CM放送を実施していた(1月4日付)

今回もGooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(1月4日付)

売上ランキング(1月4日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

売上ランキング 今週の動き

年末年始を挟んでいたこともあり、
各ゲーム年末年始イベントが充実していたようですね。
ランキングを見ると全体的に大きな変動はありませんでした。

TOP3は3タイトルが定位置をキープ

TOPはモンスト、2位はパズドラ、3位はLINEツムツムの3強。
4位には、Fate/Grand Orderが前週9位からのTOP5返り咲きとなりました。

ゲームアプリのCM放送が際立った年末年始

売上ランキングこそ、目立った変動はなかったものの、
年末年始はスマホゲームのテレビCMが昨年以上に目立ったのではないでしょうか。
そこで、1月4日付の売上ランキングTOP50のタイトルで、
年末年始の実施状況を調べてみました。

年末年始テレビCM実施したタイトルは?(pdf)
※クリックで表示

上記の表は1月4日付の売上ランキングで、CM実施をしているタイトルを黄色をつけたものです。

売上ランキングTOP50ランクインタイトルの半数がCM実施

訴求内容こそ各タイトル異なるものの、
売上ランキングTOP50のうち、実に、約半数のタイトルがCM放送を実施していました。
年末年始以外の実施を加えると、実施タイトル数はさらに増えます。
2~3年前だと、投下費用の面から実施が躊躇されがちだったテレビCMの放送も
続々と実施タイトルが増えている傾向にあります。

年末年始のテレビCM実施タイトルとその傾向は、
近々マーケティングレポートでもご紹介したいと思います。

今週のジャンプアップタイトル

今週のジャンプアップタイトルは以下の通りです。※(  )は12月最終週の順位

16位 夢王国と眠れる100人の王子様(前週50位)
26位 ディバインゲート(前週74位)
47位 戦国炎舞 -KIZNA-(前週47位)
34位 サモンズボード(前週67位)
37位 メルクストーリア(前週77位)

■GooglePlay 新着ランキング(1月4日付)

新着ランキング(1月4日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ
※クリックで表示

新着ランキング 今週の動き

今週はTOP50に新着7作がランクイン。
新着タイトルのほとんどがカジュアルゲーム中心となりました。

首位は、LINE 英雄乱舞。前週22位からジャンプアップして首位になりました。
2位には、モンスター ドライブ レボリューションが
前週20位からジャンプアップしてTOP3入りを果たしました。

新着ランキング上位にランクインしているタイトルのうち、
TOP50に食い込んできているタイトルはまだありません。
年末年始、各社さまざまなイベントの企画が用意されていた既存タイトルの壁は
まだまだ厚いということでしょう。
来週以降、本格的に新たにリリースされるタイトルに期待です。