【事前予約最前線】 /自社サイトでの予約方法をLINE友だちのみに絞る。その狙いは!?/激突!! Jリーグ プニコンサッカー

absuke absuke
2016/02/23 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 /自社サイトでの予約方法をLINE友だちのみに絞る。その狙いは!?/激突!! Jリーグ プニコンサッカー

2月15日~2月21日に新たに事前予約が開始されたアプリは13タイトル、
事前予約数の公表が7タイトル。βテストに関する情報公開が2タイトル
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が22タイトルでした。(※ABC調べ)。

2月15日~2月21日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧
※クリックすると表示されます

今週公表された情報は、ミクシィの新作の予約数動向から、
人気ブラウザゲームのスマホゲームアプリへの横展開など気になるタイトルの情報が続々と出てきていますね。
さて、今回は、コロプラの新作、激突!! Jリーグ プニコンサッカーを取り上げてみようと思います。

コロプラの新作は、Jリーグを舞台にしたサッカーアクションゲーム

通称『プニサカ』は、本格的なサッカーを手軽に楽しめる、
アクション性の高いスマートフォンゲーム。
指一本でのかんたんな操作性が特徴の「ぷにコン」が同作でも搭載されています。

また、本ゲームには、Jリーグ監修のもと、J1クラブ所属の現役サッカー選手たちが
実名で多数登場しており、リアルに存在する選手をプニコンで操作しながら、
リーグ制覇を目指していく点が醍醐味といえそうです。

事前予約は自社サイト1本にしぼり、自社サイトへの送客中心か

事前予約は1月27日より受付開始。
自社サイトでの登録受付が中心となっており、リスティング広告や既存のアプリなどから、
自社サイトへの送客を図っているようです。
puni-s00
▲リスティング広告での自社サイトの送客

予約方法はLINE友達追加1本に絞っている

予約方法はLINEの友だち追加1本に絞っており、
従来の事前予約の予約方法で鉄板となっていた、
メールアドレス登録やTwitterアカウント連携による予約方法は採用していません。

puni-s01puni-s02
▲激突!! Jリーグ プニコンサッカーのティザーサイト(スマホから閲覧)

puni-s03
puni-s04
puni-s05
puni-s06
▲友達登録時の遷移

また、予約数はすでに、20万人を突破しているようで、今後もさらなる積み上げが予想されます。

LINE友だち登録1本に絞る理由

LINE友だち登録は従来の登録ステップに比べて遷移も短く、コンパクト。
メーアドレスと異なり、ユーザー側のアドレス入力ミスやドメイン指定受信による、メール未達の心配がいりません。
また、Twitter以上にスマホユーザーのカバー率が高い点や、
LINEのIDは1端末1IDの特性から転換率の面でも同一ユーザーが複数登録による転換率の心配もいらないと考えられます。
また、リリース前のコミュニケーション、リリース後の通知やユーザーケアの面でも有効的な施策ではと考えられます。

一方で考えられるデメリットもある

今やほとんどのスマホユーザーがコミュニケーションツールとして使用しているLINE。
予約方法を絞ることで従来のメールアドレスやTwitter登録で起こり得た懸念点は払しょくできそうです。
一方で、LINEを人とのやり取りに限定しているユーザーにとっては、登録のハードルが上がってしまうことも考えられますし
登録完了ページがLINE側になってしまうことで、正確な登録数を計測ができない可能性もあります。

おわりに

予約方法をLINE友だち登録にしぼった事例は、プニサカをはじめまだ多くはありません。
外部予約施策を使用していないという点や、それでも事前予約数20万件を積み上げている事例はプニコンがはじめてではないでしょうか。
とはいえ、この施策はどのゲームでも実現できるものとはいいがたいと思いますので、
ゲームの特徴やターゲットとするユーザーの特徴を抑えた事前予約施策が必要だと改めて感じさせられます。