『ディズニー ツムツム』や『妖怪ウォッチぷにぷに』などでおなじみの新生「NHNPlayArt」の沿革や事業構成から今期の展望を調査!

absuke absuke
2016/04/19 (Tue)
スマホゲーム集客


『ディズニー ツムツム』や『妖怪ウォッチぷにぷに』などでおなじみの新生「NHNPlayArt」の沿革や事業構成から今期の展望を調査!

今回はツムツムなどでおなじみの「NHN PlayArt」を取り上げたいと思います。
旧NHN PlayArtからスマートフォン事業を承継した新設会社として、
2015年に新たにNHN PlayArtとしてスタートしています。

d60ed2c6
▲NHNPlayArtのコーポレートサイトから

まずは簡単に沿革から振り返りたいと思います。

 

◆沿革

————————————–
2010年7月
NHN Japan(現:LINE株式会社)、スマートフォン向けサービス提供開始

2013年4月
NHN Japanが会社分割を実施。ゲーム開発会社NHN Japan株式会社設立

2013年8月
NHN PlayArt 株式会社に商号変更

2015年10月
NHN PlayArt(現:NHN comico)が会社分割を実施。
新設会社「NHN PlayArt株式会社」を設立
————————————–

5年半前にはNHN Japanでしたが、その後の2回に会社分割などもあり、
現在の「NHN PlayArt株式会社」となっています。
長い印象もありますが、新設ということもあり今期で第2期です。

 

◆決算

e059cf68

※官報より引用

そんなNHNPlayArtの第1期となる2015年12月期ですが、当期純利益:8億5,291万円で着地。
大きな利益をしっかり残しています。では何が数字を押し上げているのか、
ゲームのラインナップを見ていきたいと思います。

 

◆ゲームラインナップから見るLINEの強みとIPの強み

<スマホゲーム>
・妖怪ウォッチぷにぷに
・マーベル ツムツム
・まいにちプロ野球
・源氏物語 ~男女逆転恋唄~
・君の秘密にドラマなキスを
・美男高校地球防衛部LOVE! GAME!

<LINEゲーム>
・ディズニー ツムツム
・LINEリラックマころろんパズル
・つりとも
・てのひらファーム

現在、10タイトルほどのゲームが稼動しています。グループ会社のものも含めてですが、
スマホゲームが6、LINEゲームが4。中でもメインでピックアップすると、

「ディズニー ツムツム」
「妖怪ウォッチぷにぷに」
「マーベル ツムツム」

上記が挙げられると思います。

リリースして日が浅い「マーベル ツムツム」以外の2タイトルのDL数推移を見ていきたいと思います。

nhnplayart

「ディズニーツムツム」はリリース2ヵ月で世界1000万DLを達成、
「妖怪ウォッチぷにぷに」も約2週間で100万DLを突破するなど、
初動から現在に至るまでDL数のスピードが非常に速いです。

両アプリに共通している点としては、IPの力が大きいこと。世界的な人気を誇るディズニーと、
国内で大人気の妖怪ウォッチを採用。今年2月にミクシィ社、ディズニー社と共同でリリースした
「マーベルツムツム」も同様に強力なIPといえます。

また、「ディズニーツムツム」に関しては、LINEの力がある点もヒットの要因として挙げられるかと思います。
既存の巨大コミュニティに紐付いた展開は初動の数字的インパクトを見ても、その力がいかに強力なものかわかります。

 

◆グループ会社の決算は?

NHNPlayArtは子会社・関連会社あわせて4社存在します。
以下の通り、2015年12月期決算を見てみたいと思います。

5de2b963

※官報より引用

ゲーム中心に振り返りますと、アニメイトとの合弁でありますanipani(第2期)は純利益:▲6,388万円、
ハンゲーム(第7期)は純利益:1億3,101万円となっています。

上記のanipaniはNHN PlayArtとアニメイトの合弁会社で、
スマホ向け乙女ゲームの開発・運営を行っており、ここまで4タイトルをリリースしています。
アニメイトも入っているため、関連するグッズ・映像・楽曲・書籍の企画、販売も事業とし、
昨今のゲーム業界で多くなってきているIP化の際も強みを発揮できるため、
今後の展開が楽しみなグループ会社の一つとなっています。

 

◆今期の展望

今期に関しては、既存タイトルの伸びもさることながら、
先述した「マーベルツムツム」がいかに伸びるかと、
あとは、各タイトルにおけるグローバルでのユーザー獲得がどこまで進むかがカギになるのではないでしょうか。

NHN PlayArtのコーポレートサイトにもあるメッセージ内「3つのキーワード」の中でも、
グローバルが入っている通り、グローバル展開は同社としても注力ポイントの一つだと思われます。
「妖怪ウォッチ ぷにぷに」は3月末に世界展開がスタートしていますが、
国内発アニメのゲームにおいてどこまでユーザー獲得が出来るのか気になるところです。