ゲームギフトとMMD研究所との共同による スマホゲーマー実態調査を実施 ~“課金ユーザー”へのアプリ内課金に纏わる本音を調査~

ABC ABC
2016/04/26 (Tue)
お知らせ


ゲームギフトとMMD研究所との共同による スマホゲーマー実態調査を実施 ~“課金ユーザー”へのアプリ内課金に纏わる本音を調査~

株式会社AppBroadCast[アップブロードキャスト](代表取締役:小原聖誉、本社:東京都港区、以下:ABC)は、MMDLabo株式会社(代表:吉本 浩司、本社:東京都渋谷区、以下:MMD)が運営するMMD研究所と、ABCが運営する、Android410万DLのスマートフォンゲーム向けメディアプラットフォーム「ゲームギフト」を活用した共同調査第2弾として、スマートフォンゲームをプレイする10代以上の男女556人を対象に「スマートフォンゲーマーのアプリ内課金に関する実態調査」を実施致しました。

本調査ではゲームギフトユーザーに対して調査を実施しており、「スマートフォンゲームに課金をする」と回答したスマートフォンゲームを積極的に楽しむ方を対象としています。


  • 課金しているタイトル数は「ひとつに決めている」が最多。男性は、「ひとつに決めている」「2タイトル並行して課金している」がほぼ同数
  • 並行して課金しているゲームのジャンルは別ジャンルのゲームが76.0%。ゲームタイトルの優先順位は、「イベントやキャンペーンで変わる」が73.1%
  • あまりやらなくなった課金ゲームに再び熱中した経験は約半数
  • やらなくなった課金ゲームのデータ「いつか再開するかもしれないので、消さない」が33.1%で最多。男女では、アカウント削除の割合で差が出る結果に

課金しているタイトル数は「ひとつに決めている」が最多
男性は、「ひとつに決めている」「2タイトル並行して課金している」がほぼ同数

スマートフォンでゲームをする10代以上の男女556人に対し、同時に料金の支払いをしているゲームタイトルの有無を聞いたところ、39.9%が「課金するタイトルは1つに決めている」と回答し、続いて「2タイトル並行して課金している」という回答が35.1%となった。

■同時に課金しているタイトル数(N=556)

同時に課金しているタイトル

 

男女別に見てみると、「課金するタイトルは1つに決めている」という回答では、男性36.3%、女性45.8%と9.5パーセントの差が出る結果となり、男性については、「2タイトル並行して課金している」という回答が37.4%と僅かながらも、「課金するタイトルは1つに決めている」という回答を上回る結果となった。

■同時に課金しているタイトル数(男女別)(N=556)

同時に課金しているタイトル男女別

並行して課金しているゲームのジャンルは別ジャンルのゲームが76.0%
ゲームタイトルの優先順位は、「イベントやキャンペーンで変わる」が73.1%

次に同時に課金しているタイトルがあると回答した334人に対し、並行して課金しているゲームのジャンルについて聞いたところ、「別のジャンルのゲームで並行して課金している」が76.0%で最多となり、「同ジャンルで並行して課金している」という回答は24.0%に留まった。

■並行して課金しているゲームのジャンル(N=334)

並行して課金しているゲームのジャンル

■並行して課金しているゲームのタイトル例
(フリーアンサー:同ジャンル・別ジャンルの組み合わせの内出現数が多いものから一部を抜粋)

並行して課金しているゲームのタイトル例
続いて、並行して課金しているゲームの課金の優先順位を聞いたところ、「イベントや出現キャラ、キャンペーンなどに応じて、優先タイトルが変わる」という回答が73.1%で最多となり、「常にメインで課金しているタイトルが決まっている」という回答は26.9%に留まった。

■並行して課金しているゲームタイトルの優先順位(N=334)

並行して課金しているゲームの優先順位

これを男女別で見てみると、「イベントや出現キャラ、キャンペーンなどに応じて、優先タイトルが変わる」という回答では、男性70.6%、女性77.6%と7.0パーセントの差が出る結果となり、並行して課金する割合は、男性に比べて女性の方が少ないものの、並行して課金している女性ユーザーの中では、イベントやキャンペーンに応じて優先タイトルが変わる割合が多い結果となった。

■並行して課金しているゲームタイトルの優先順位※男女別

並行して課金しているタイトルの優先順位男女別

 

あまりやらなくなった課金ゲームに再び熱中した経験は約半数。きっかけは「ひまつぶしに思い立って」「他のゲームに飽きたタイミングで思い出して」ウェルカムバックキャンペーンを見て」が上位

スマートフォンでゲームをする 566人に対し、課金してきたスマートフォンゲームアプリをやめた理由を複数回答で聞いたところ、「ゲームそのものに飽きた」49.8%、「あからさまな課金への誘導」45.7%が上位となった。

■課金してきたゲームをやめてしまった理由(N=556)

課金してきたゲームをやめてしまった理由

続いて、課金してきたゲームで一度はあまりやらなくなったものの、再び熱中したことがあるかどうかを聞くと、51.8%が「再び熱中したことがある」と回答した。また、そのきっかけについて、複数回答で聞くと、「ひまつぶしに思い立って」61.8%「他のゲームに飽きたタイミングで思い出して」32.6%「ウェルカムバックキャンペーンを見て」22.6%と続いた。また、その他の回答をフリーアンサーで詳細を聞いたところ、「好きなアニメのコラボ」(20代男性)、「他のメインでやっているゲームとのコラボ」(30代女性)といった回答があがった。

■課金してきたゲームに再び熱中した経験(N=556)

課金してきたゲームに再び熱中した経験

■課金してきたゲームに再び熱中したきっかけ(N=288)

課金してきたゲームに再び熱中した理由

 やらなくなったゲームのデータ「いつか再開するかもしれないので、消さない」が33.1%で最多男女では、アカウント削除の割合で差が出る結果に

課金してきたスマートフォンゲームアプリをやめた経験のある477人に対し、やらなくなった課金してきたゲームのデータをどうするか聞いたところ、「いつか再開するかもしれないので、消さない」が33.1%で最多となり、続いて「アカウントごと削除して、きれいさっぱりやめる」「やる予定はないが、もったいなくて消せない」がそれぞれ22.2%となった。

■やらなくなった課金してきたゲームのデータについて(N=477)

 やらなくなったゲームのデータ

 これを男女別に見ると、「いつか再開するかもしれないので、消さない」という回答で男性29.7%、女性39.1%と9.6%の差、「アカウントごと削除して、きれいさっぱりやめる」という回答で男性25.1%、女性17.2%と7.9%の差となり、男女で差が出る結果となった。

■やらなくなった課金してきたゲームのデータについて※男女別(N=477)

やらなくなったゲームのデータ男女別

 ※ユーザー側から見ると正確な表現は「課金される」ですが、よく使われる表記にのっとって「課金する」で統一しています。
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。


■調査概要
「スマートフォンゲーマーのアプリ内課金に関する実態調査」
・ 調査期間:2016年3月17日~3月23日
・ 有効回答:556人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:10代以上男女
・ 設問数:16問

■今回調査した全設問
・ 並行して課金しているタイトルはありますか
・ 並行して課金しているタイトルは、同じジャンルのゲームですか?
・ 課金しているタイトル名を教えてください
・ 並行して課金しているタイトルで優先順位はありますか
・ 課金する動機について教えてください(複数回答)
・ 前問で「その他」と答えた方は具体的な内容を教えて下さい
・ 課金して「よかった」と思うのはどんなときですか?(複数回答)
・ 課金することで解決したいのに、解決できないことがありますか?ある場合はどんなときですか?
・ 最も多い課金方法を教えてください。
・ 課金してきたゲームをやめてしまった理由について教えてください。(複数回答)
・ やめたその時の気持ちをそのままお書きください。
・ 課金してきたゲームで一度はあまりログインしなくなったゲームに再び熱中したことはありますか。
・ 「再開する」と答えた方は、その時のきっかけを教えてください。(複数回答)
・ 前問で「その他」と答えた方は具体的な内容を教えてください
・ やらなくなった課金してきたゲームのデータはどうしていますか。
・ これまでに一番課金したゲームに関して、たくさん課金した理由を教えてください

データは以下のページにてダウンロード可能です(無料)
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1555.html

【本件に関するお問い合わせ】
配信元 : MMD研究所  https://mmdlabo.jp/
所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東3-25-11 TANGO33ビル4F
担当者 : 妹尾
連絡先 : 03-6427-6990 / info@mmdlabo.co.jp

■「ゲームギフト」とは

「ゲームギフト」は、株式会社AppBroadCastが提唱するスマホゲームライフサイクル「PIPAS(*1)」を最大化するために提供されるゲームファンプラットフォーム™です。最新ゲームの事前予約や独占先行プレイ、Google Play™ランキングで上位にある人気スマホゲームのアイテムギフト配信やゲームファンのためのファンページなど、ゲームをもっと楽しむための仕掛けを揃えたゲームファン向けサービスを、au・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルの提供するAndroid™搭載スマートフォン向けアプリ、およびiOS WEBにてご提供中です 。

「ゲームギフト」アプリはDL数410万、有効インストール数260万を超え、ゲームを専門的に紹介するアプリメディアでは、国内最大級(*2)の規模となります。

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gamegift
iOS/WEB:http://gamegift.jp/

*1:「PIPAS」とは、P=Pre、I=Install、P=Play、A=Action、S=Sleep、の頭文字より成り、スマートフォンゲームのユーザーライフサイクルを表したABC独自の概念。
*2: 株式会社AppBroadCast調べ。

会社名:株式会社AppBroadCast
代表者:代表取締役 小原 聖誉
所在地:東京都港区南青山5-11-5 住友南青山ビル7F
ホームページ:http://www.appbroadcast.jp/

 


Similar Entries