【事前予約最前線】 オリジナルタイトルの事前予約施策のセオリーとも言える、自社サイトと外部予約サービスの併用で予約数15万件越え/宿星のディストピア

absuke absuke
2016/09/27 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 オリジナルタイトルの事前予約施策のセオリーとも言える、自社サイトと外部予約サービスの併用で予約数15万件越え/宿星のディストピア

9月19日~9月25日に新たに事前予約が開始されたアプリは10タイトル、
事前予約数の公表が7タイトル、βテスト情報の告知が3タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が8タイトルでした。(※ABC調べ)。

9月19日~9月25日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(※ABC調べ)

今回は、Donuts、『宿星のディストピア』をピックアップします。

舞台は”地獄”!?オリジナルアクションRPG

「MixChannel」や勤怠管理の「ジョブカン」など、
幅広くサービスを提供しているDonutsですが、
ゲーム事業でも、「Tokyo 7th シスターズ」や「暴走列伝 単車の虎」など、
人気作を多数送り込んでいます。

今回の新作は、地獄を舞台に、伝説の神々や精霊が画面狭しと暴れまわる本格アクションRPG。
力と記憶を奪われ、地獄に落とされた4人の英雄たちを操り、地獄からの脱出を図るストーリー。
メインクエストではプレイスタイルの異なる4人から1人を主人公として選択し、
豪快なアクションや必殺技を駆使しながらステージを進めていく内容となっています。

8月1日にティザーサイトがオープン。
8月31日には織田かおりさんの歌う「無限の DYSTOPIA」が主題歌に決定し、
オープニングムービーも公開されました。


▲オープニングムービー(Youtube公式チャンネルより)

事前予約は自社と外部サービスの併用型

事前予約は8月23日より開始。
予約方法は自社サイトと、外部予約サービスの併用型をとっています。
自社サイトと、外部予約サービスの比率は、自社4に対して外部予約サービスは1程度のようです。
リスティング広告を使って自社サイトへの送客も行っています。
dysto_listi01

Donutsが配信している他ゲームアプリから同作の事前予約ページへの送客は行っていないようです。

自社サイトではTwitterアカウント登録、Facebookアカウント登録、E-Mail登録に、
LINE友達追加と、4つの予約方法を採用しています。
dysto_regist

dysto_FB01
dysto_FB02
▲Facebookによる登録遷移。(PCから登録)Facebookにログインしているとアカウント連携の画面が表示される

dysto_fb_regi02dysto_fb_regi01
▲登録が完了すると、Facebook登録時のメールアドレスに登録完了メールが送付される

予約特典はガチャに利用できる「友情結晶」をはじめとしたゲーム内アイテム

事前予約特典は、予約数応じて得点が増えていく積み上げ式を採用。
友情結晶やゴールド、式神をレベルアップさせるカードや激レア式神など、
バランスよく配布されるようです。
また、公式Twitterのフォロワー数に応じて、「友情結晶」が追加で付与されるようで。
dysto_tokuten

9月14日には事前予約数10万件突破、

9月20日には事前予約数15万件突破が発表されました。

Twitterを活用したキャンペーンも積極的に実施

Twitterアカウントではアンケート機能をつかったキャラクター投票を実施

また、公式アカウントのフォロワー数に応じて「友情結晶」がさらに追加されるキャンペーンの開催や
dysto_twi-follow
公式Twitterのフォロー&RTで参加できる、サイン色紙プレゼントキャンペーンの開催など、


いわゆる事前予約施策のセオリーとも言える、運用を着実に行っているように見受けられます。

まとめ

宿星のディストピアは、オリジナルタイトルの事前予約施策のセオリーといえる、
自社サイトと外部予約サービスの併用により、事前予約数15万人を積み上げています。
ここ2~3年で外部予約サービスが定着したことや、E-mailやTwitterの他に予約装置が増えてきたことにより、
ユーザーにとっても予約の選択肢が増え、気軽に予約しやすい環境になってきていると言っていいかもしれません。
一方で、既存の自社タイトルの活用や今や定番となりつつあるLINEともだち追加を採用していないことから、
まだまだ予約数を伸ばす余地はあるような印象も見受けられます。

PV第2弾が公開され、ゲームに登場する式神もティザーサイトで公開。

リリースを控え、ゲームの全貌が徐々に明るみになってきている同作。
今後、どのような施策を用意しているのか、その動向が気になるところです。