【事前予約最前線】 累計800万DLを記録したシリーズ最新作。自社サイトと外部予約サービスの併用は、リリース前施策のセオリーに/ガーディアン・コーデックス

absuke absuke
2016/10/11 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 累計800万DLを記録したシリーズ最新作。自社サイトと外部予約サービスの併用は、リリース前施策のセオリーに/ガーディアン・コーデックス

10月3日~10月9日に新たに事前予約が開始されたアプリは9タイトル、
事前予約数の公表が5タイトル、βテスト情報の告知が4タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が24タイトルでした。(※ABC調べ)。

10月2日~10月9日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(※ABC調べ)

今回は、スクウェア・エニックスの、『ガーディアン・コーデックス』をピックアップします。

世界累計800万ダウンロードを越えの「ガーディアンクルス」シリーズ最新作

同作は、世界累計800万ダウンロードを越える、「ガーディアンクルス」シリーズの
スタッフが贈る最新作。舞台は2030年の仮想現実空間「コーデックス」を巡る物語です。
ハイエンド3Dのグラフィックのガーディアンたち、最大4人で共闘できるマルチプレイRPG。

ティザーサイトで公開されているプロモーションムービーを見る限りでは、

スクウェア・エニックスが贈る「スマホRPGの完成系」と唱うに等しい期対作であることが伺えます。

9月9日にティザーサイトがオープンと同時に事前予約受付が開始されました。


▲東京ゲームショウ2016でもスクエニブースにて映像出展されていた

事前予約は自社と外部サービスの併用型

予約方法は自社サイトと、外部予約サービスの併用型をとっています。
自社サイトと、外部予約サービスの比率は、自社5に対して外部予約サービスは1程度のようです。

自社サイトではTwitterアカウント登録、Faceobokアカウントによる登録、
LINE友達追加と、SQEX bRIDGEと4つの予約方法を採用しています。
guardian-codex_yotaku

予約特典はゲーム内通貨のコインが中心

事前予約の特典はゲーム内通貨のコイン。予約数に応じてコインが増えていく積み上げ式を採用。
10万件突破でSR「バンシー」の配布が予定されています。
guardian-codex_tokuten
※既に25万件突破しているため、合計6000コイン(ガチャ12回分)とSR「バンシー」の配布が確定しています。

予約受付開始から25万件突破まで

9月9日の予約受付開始以降、Twitter上で発表されている予約数の推移です。

9月14日には事前予約数5万件突破

9月16日には事前予約数15万件突破、

9月21日には事前予約数20万件突破、

9月30日には事前予約数25万件突破が発表されました。

約5~7日で5万件ペースで積み上がっていることがわかります。

Twitterアカウントの活用に注目

同作では、Twitterアカウントの運用が積極的に活用されていますが、
キャラクターのボイス担当の声優も関連ツイートをしており、ゲーム関係者を総動員している印象を受けます。


▲CV担当声優にもつぶやいてもらっている


▲出演声優サイン入り色紙プレゼントキャンぺーン

また、リリース前にもかかわらず、同作の目玉となるマルチプレイを
実況動画として積極的に公開しており、興味をもったユーザーの熱量を上げていく要因にもなっています。


▲9月17日には実況マルチプレイのライブ配信

また、8人のYoutuberが同作の実況中継するという企画では、
8人のYoutuberが2手に分かれ、マルチプレイを体験。
2つの実況中継動画に登場するキーワードをLINE@で入力すると、限定動画が視聴できるという。
著名なYoutuberと、LINE@の機能をうまく使っている印象です。

おわりに

スクウェア・エニックスといえば、自社で抱えているユーザーに向けたメルマガなどからの送客を中心に
事前予約数を積み上げていた印象が強かったですが、同作では予約サービスもフル活用しています。
また、目玉となっているマルチプレイを実況中継という形で動画配信をし、
実況中継に長けているYoutuberを活用しているところは、今ある機能を含め適材適所の活用をしている印象を受けます。
今後、事前予約数をどれだけ積み上げていくのか。またリリース前にさらなるサプライズ企画が登場するのか。注目です。