【事前予約最前線】角川ゲームス初のスマホゲーム、ついに登場。今や事前予約の鉄板となっている「LINE友だち追加」は予約数の加速を生むか/スターリーガールズ

absuke absuke
2016/10/25 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】角川ゲームス初のスマホゲーム、ついに登場。今や事前予約の鉄板となっている「LINE友だち追加」は予約数の加速を生むか/スターリーガールズ

10月17日~10月23日に新たに事前予約が開始されたアプリは15タイトル、
事前予約数の公表が5タイトル、βテスト情報の告知が3タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が23タイトルでした。(※ABC調べ)。

10月17日~10月23日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(※ABC調べ)

今回は、角川ゲームスの、『スターリーガールズ』をピックアップします。

角川ゲームス初のスマホゲーム、ついに登場。

2016年、角川ゲームスから初のスマホゲームがついに登場します。

▲スターリーガールズ、トレーラー。(Youtube公式チャンネルより)

同作はプレイヤーが宇宙船のキャプテンとして、「星娘(ほしむす)」と呼ばれる少女たちと広大な宇宙を旅する内容。
角川ゲームズが企画・開発、アエリアが運営を手掛けるとのこと。
星娘の成長をはじめ星娘が乗るロボットの育成要素も備えているようです。

事前予約は自社サイトを中心とした外部予約サービスとの併用型

事前予約は8月30日から受付開始

予約方法は自社サイトを中心に、外部予約サービスの併用もしています。
ただ、現時点では外部予約サービスの利用は現状、ある程度絞っているようです。

Twitterでの事前予約は、公式アカウントをフォローするのみで、
Twitterアカウントの連携は不要です。
starlygirls01starlygirls05

事前予約数の公表こそされていませんが、現時点でのTwitteでのフォロワー数や、
外部予約サービスでの予約数から既に5万件の予約数は超えているだろうと推測します。
r
予約受付開始当初は自社サイト上ではTwitterでの予約のみとなっていましたが、
10月21日よりLINE友だち追加による予約方法も追加。

今後予約数積み上げの加速が予測されます。

予約特典はゲーム内通貨の「スターバッジ」。予約数に応じて配布数が増加

事前予約の特典はゲーム内通貨の「スターバッジ」。
starlygirls02

予約数1万件突破を軸に、10万件毎の予約数突破でスターバッジが追加されていくようです。
また、LINE友だち追加による事前予約開始を記念して、
レア星娘「ハレー(CV佐倉綾音さん)」も追加付与が決定。

今後リリースまでの間にさらに予約特典の追加などの仕掛けも考えられます。

ゲームの情報公開はTwitterやゲーム系媒体がメイン

ゲームの情報公開はTwitterやゲーム系媒体がメインとなっているようで、
Twitter公式アカウントでは、ゲーム内に登場する星娘がいち早く紹介されています。

9月に行われた東京ゲームショウ2016にも出展。
期間限定の特設サイトが用意されるだけでなく、
公式アカウントでも会場の様子が公開されていました。

事前予約の装置としてTwitterアカウントのフォローが中心としていることも手伝ってか、
フォロワー数は15000人を突破。

Twitterのフォロワー数に応じて、星娘のTwitterアイコン画像のプレゼントや、
星娘PVをRTした人の中から抽選で、人気声優サイン入り色紙をプレゼントするなど、
Twitterでのキャンペーンも活発です。
starlygirls04starlygirls03

βテストも実施予定

10月末よりAndroidユーザーを対象としたクローズドβテストも予定されており、
10月14日より、テスターの募集もされていました。(現在は募集受付終了)

募集人員は2000人。Androidユーザーを対象としているので、
自社でアプリを配布しているか、GooglePlayのβテストとなると想定されます。
βテスト時のプレイデータを正式サービス開始時への引継くことはできないようです。

おわりに

今回は、スターリーガールズの事前予約施策についてとりあげました。
事前予約においては、予約サービスを絞っていることや、
予約装置自体も、事前予約のセオリーとさせる、E-mailが外されている点を踏まえると、
まだ予約数を伸ばしていく余地がある印象をうけます。
10月21日より追加された、LINE友だち追加が、どれだけ予約数を加速させるか注目です。

また、リリース前にして、すでにアニメ化も決定している模様で

ゲームだけにとらわれず、メディアをミックスさせた展開も予想されます。
今後、どのようなパブリシティ展開を用意しているのか。今後の展開にも目が離せません。