2016年はVR元年⁉︎ 続々と出てきたVR普及に向けた動きをまとめてみた

absuke absuke
2016/10/19 (Wed)
スマホゲーム集客


2016年はVR元年⁉︎ 続々と出てきたVR普及に向けた動きをまとめてみた

ここ最近、その言葉を見ない日はないくらい話題が増えてきた「VR」の領域。先日には、ソニー・インタラクティブエンタテインメントよりPSVRも発売され、VR保有ユーザーも徐々に増えていくものと思われます。

bandicam 2016-10-14 16-59-30-548
▲10月13日に発売されたPSVR(公式サイトより)

 

そんなVR領域、今年”VR元年”と言われたりもしておりますが、ゲーム等のコンテンツ会社だけでなく、小売企業や娯楽施設に関してもVR関連への投資が出始めてきました。今回はそのあたりの動きに目を向けてみたいと思います。

 

”VRを体験できる場が増えている”

bandicam 2016-10-14 16-19-42-878

直近で気になった10個のトピックスを挙げてみました。コンテンツ以外でも沢山の動きが出ていることがわかります。今年4月以降のトピックスを見てみますと、VRコンテンツを体験することの出来る場が増えてきている印象です。幾つか、事例を見ていきたいと思います。

 

bandicam 2016-10-14 16-23-56-496
バンダイナムコエンターテインメントが4月に、お台場のダイバーシティ東京プラザにオープン(期間限定)して話題になったのが「VR ZONE Project i Can」

お台場という人の集まる場所だけに、連日多くの方々がVRコンテンツを楽しんでいたように思えます。まだ実験段階かもしれませんが、一定の成果があったのではないでしょうか。お台場での結果を受けて、ナムコとイオンがイオンモール長久手店で共同で取り組むVRアミューズメント施設で採用するコンテンツは、「VR ZONEProject i Can」の人気アクティビティが登場する予定となっております。

 

◆遊園地でも導入が進む?

bandicam 2016-10-14 16-21-26-254

▲ハウステンボス公式サイトより

長崎にある遊園地「ハウステンボス」は、AR/VRを体験できる施設「ザ・ヴァーチャル」をオープンし、デバイスにオキュラスリフトを導入。好評のようでコンテンツも増やしている模様です。VRを使ったアトラクション体験は多くのシーンで考えられ、今後、他の遊園地でも導入が進んでいくことが予想されます。

 

◆VRの取組みに積極的なイオン

全国に商業施設を持つ小売業のイオンは、VR領域の取組みに積極的。一部取組みをご紹介してみたいと思います。
”イオンにVRアトラクション施設がオープン”

最も直近10月のトピックスになりますが、埼玉県越谷市の「イオンレイクタウン」に、常設型のVRアトラクション施設としては国内最大級となるVR/ARアトラクション施設「VR Center」がオープン。

bandicam 2016-10-14 16-23-05-928
▲VR Center公式サイト

何かのプロダクトが広く流行る際、コア層だけでなく一般層への普及は一つのテーマとなりますが、このイオンにオープンした施設は”普及”といった観点で大きな意味があると思います。

VRコンテンツの体験施設は増えておりますが、これまではネットカフェなどゲームが好きな方が集まりやすい場所が多かったように思えます。今回、イオンのようなファミリー層なども多く訪れる場所に体験施設が出来たことで、VRに初めて触れる方も増え、普及が進むきっかけになることも考えられます。

また、イオンは今年4月に、イギリスのAccessories 4 Technology社が開発したスマホヘッドセット「STEALTH VR」をイオンの一部店舗やECにおける先行販売を実施。大きな施設を持つ強みも活かしつつ、販売においても強力な存在となりそうです。

 

◆今後も体験施設が増えていく

今後も続々とVR体験施設が増えていく予定となっております。大型のリリースでいきますと、業界屈指のVR領域への投資をしているグリーとアミューズメント施設を運営するアドアーズがタッグを組み、VRアトラクション常設型のVR専門アミューズメント施設を2016年度内にオープン予定となっております。既存店舗(渋谷店)を改装するとのことですが、今後対応の店舗も増えていきそうです。

bandicam 2016-10-18 09-12-57-642

▲VR THEATERの公式サイトより

また、ソリューション提供の会社も増えており、インターピアはネットカフェ等の店舗内でVR視聴体験ができる、店舗常設型ヘッドマウントディスプレイVRシアターサービス「VR THEATER」を展開。様々なコンテンツも提供し、VR普及に向けて注力しております。ネットカフェではランシステムが運営する「自遊空間」も「自遊空間NEXT(ネクスト)」として7月に40台以上のVRデバイス常設の店舗をオープン。こちらも今後対応店舗の拡大が見込まれそうです。

 

bandicam 2016-10-14 16-25-19-388

▲ネットカフェでもVRが登場している(自遊空間HPより)

 

”VRに触れる機会が増えることで普及が進む”

取り上げたトピックス以外にも様々な場所でVRを活かした展開が進んでおります。ゲームを中心にVRコンテンツが増えてきておりますが、そうしたコンテンツデベロッパーの動きと並行して、VRデバイスそのものの普及が進んでいく日もそう遠くなさそうです。


Similar Entries