今週いよいよダビスタが登場!?IPシフトが好調の「ドリコム」17年3月期2Q決算を振り返る

absuke absuke
2016/10/31 (Mon)
スマホゲーム集客


今週いよいよダビスタが登場!?IPシフトが好調の「ドリコム」17年3月期2Q決算を振り返る

決算発表が本格化しておりますが、今回は先週発表のあったドリコムを取り上げます。前年同期の赤字から一転大きな黒字となっており、そのあたりも触れながら振り返ってみたいと思います。

業績(17年3月期2Q累計)

売上高:34億300万円(前年同期比+2.2%)
営業利益:3億6,300万円(前年同期▲2億9,000万円)
経常利益:3億2,100万円(前年同期▲2億9900万円)
四半期:1億7,100万円(前年同期▲2億1,700万円)

 

bandicam 2016-10-29 13-02-01-195
▲ドリコム決算説明資料より
昨年は、オリジナルタイトルや広告メディア事業における投資の影響もあり利益面では苦しい時期もありましたが、この一年は収益性へのフォーカスをしたことで業績も回復し、引き続き好調を維持しております。

 

好調の要因は?

bandicam 2016-10-29 12-54-39-250
▲ドリコム決算説明資料より

 

好調の要因の一つにゲームにおける”IPシフト”が挙げられます。上記決算資料にもある通り、過去様々な方針転換がありましたが、一年前に掲げたのがIPタイトルへのシフト。同時に不採算プロジェクトの整理も行なっており、コンテンツサービスのグラフも前期2QからV字回復しているのがわかります。

 

主なIPタイトルは以下の通り


・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ
・ONE PIECEトレジャークルーズ
・フルボッコヒーローズ

”IPシフトの状況は?”

主なトピックスを見ていきます。
<既存>
・5月に配信地域が拡大された「ONE PIECE トレジャークルーズ」の海外版が好調。新地域からの業績寄与が本格化。

bandicam-2016-10-31-01-17-08-692

▲ONE PIECE トレジャークルーズ公式サイトより

 

昨年台湾、香港、マカオで配信を開始しておりますが、5月に韓国で配信を開始。わずか5日で100万DLに達するなどランキングも上位にランクし、好調のようです。今期は更なる成長も見込まれるため、数字面での寄与が期待できます。

 

<新規>
「ダービースタリオン マスターズ」を含む、複数の新規IPゲームの開発が進む。2018年3月期中のリリース(7~8本予定)に向けた開発・運用体制、リソースの整備も順調に進み、IP戦略が着実に進行していることが伺える。直接雇用や業務委託など、採用面を特に強化しているようです。

 

bandicam 2016-10-29 12-55-53-867

bandicam 2016-10-29 12-56-15-560

▲ドリコム決算説明会資料より

 

一方、既存オリジナルゲームは、ユーザーの満足度維持・向上に焦点をあてた運用に注力し、
安定的な売上を維持しています。

 

いよいよ”ダビスタ”が登場

そんなIPシフトのドリコムですが、目玉タイトル「ダービースタリオン マスターズ」が今週リリース見込みとなっております。シリーズ累計販売本数900万本以上のダービースタリオンですが、スマホゲームとしては初登場。ゲーム業界でも注目している方が多いと思いますが、大きな期待が掛かります。

 

先日、当コーナーでも書きましたが、事前予約は25万人を突破。自社サイトだけでなくソーシャルを上手く活用したり、JRAとのコラボ(umabi.jp)も行うなど、ここまで着実にファンを獲得してきております。

 

bandicam-2016-10-31-01-18-02-940

▲ダービースタリオン マスターズ公式サイトより

 

リリース後の確実なヒットを目指し、TVCMなど積極的なプロモーション展開を予定しているようで、3Qで3億円の広告宣伝費を見込んでおります。当面は集客優先とのことで、3Qは1.5億円のを売上高を想定、中長期的に見てどこまで上げていけるか注目です。

 

3Q以降、好材料が多いドリコム。まずは今週登場のダビスタに注目ですが、今後の新規開発のカギとなる開発体制も現状順調な印象で、続々登場予定のIPタイトルやコラボに期待です。


Similar Entries