【GooglePlayランキング】CM放送中の「シャドウバース」が売上ランキング急上昇。新着ランキングはβテスト実施タイトルが上位に続々とランクイン(10月3日付)

absuke absuke
2016/10/07 (Fri)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】CM放送中の「シャドウバース」が売上ランキング急上昇。新着ランキングはβテスト実施タイトルが上位に続々とランクイン(10月3日付)

GooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(10月2日付)

売上ランキング(9月26日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ

売上ランキング今週の動き

今週のTOPはモンスト。
2位はアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ。
前週の6位から4つ順位を上げてTOP3へ返り咲きです。
3位は前週2位から1つ順位を落としたFate/Grand Ordeでした。

シャドウバース再浮上でTOP10入り

6位には、シャドウバースが前週27位からジャンプアップしてTOP10へ返り咲きを果たしています。

8月より早くもテレビCMを放映開始していますが、
若手俳優の染谷将太さんと山﨑賢人さんが起用され、注目を集めています。

『なかよくバトろう』をキーワードに、先輩と後輩がおしゃれなカフェで
Shadowverse(シャドウバース)を仲良くプレイするという内容。
若手俳優同士の真剣勝負で、ゲーム画面を映しつつ、2人の掛け合いが見れます。

また、CM第2弾として、ゴールデンボンバーを起用した、
プロレス編、陸上競技編が放送開始されているようです。

リリース直後から売上ランキングTOP30圏内に安定してランクインし続けている同作ですが、
CM放送により過去最高位更新も射程圏内に入ってきているようです。

今週のジャンプアップタイトルは!?

今週のジャンプアップタイトルは以下の通り。※(  )は前週の順位

6位 シャドウバース (Shadowverse)  (前週27位)
8位 FINAL FANTASY Record Keeper(前週26位)
18位 ぷよぷよ!!クエスト(前週82位)
25位 オルタナティブガールズ(前週42位)
31位 テイルズ オブ アスタリア(前週67位)
33位 三国天武(前週53位)
34位 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ(前週56位)
37位 ドラゴンプロジェクト(前週121位)
39位 クラッシュフィーバー(前週63位)
40位 キン肉マン マッスルショット(前週86位)
43位 ワールドサッカーコレクションS(前週81位)
45位 ぼくとドラゴン(前週61位)

■GooglePlay 新着ランキング(10月3日付)

新着ランキング(10月3日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ

今週はTOP50に新着14作がランクイン。
今週は、追憶の青が、前週初登場3位から順位を上げて首位となりました。

ネクソンの新作は3位スタート

ネクソンの新作「HIDE AND FIRE」が初登場3位にランクイン。
事前予約数は25万件に迫る積み上げをみせていた同作は9月26日にリリースされました。

10月3日時点で、すでに50万ダウンロード突破しているようです。

売上ランキングでも111位に初登場しており、今後の躍進に注目です。

βテスト実施の「三国海戦オンライン」は8位スタート

RekooJapanの新作、「三国海戦オンライン」は初登場8位にランクイン。
同作は、三国時代を舞台にしたリアルタイムバトルが楽しめる引っ張り系海戦バトルゲーム。
7月28日より約2週間にわたり、オープンβテストを実施していましたが、

その後約2ヶ月の期間を経て、9月26日にリリースされました。

平均レビュー評価も★3.7と上々の滑り出しを見せているようです。

スーパーアプリ期待の新作「ライバルアリーナVS」は15位スタート

スーパーアプリの新作、「ライバルアリーナVS」は初登場15位スタート。
こちらも、6月30日より約3週間に渡り、βテストを実施していました。

βテストの結果レポートは後日公式サイトでも公開。

βテスト終了から約2ヶ月の期間を経て、9月29日にリリースされました。

平均レビュー評価も★3.6と順調な滑り出しをみせています。
配信開始から実質4日で新着ランキング上位にとびこんできていますので、
次週以降のランキング上昇に期待です。

βテスト後、改修期間を経てリリースされるタイトルが増えている

今回ピックアップしている、「三国海戦オンライン」「ライバルアリーナVS」をはじめ、
βテストを実施後、一定の改修期間を経てからリリースし、ランキング上位に送り込んでいるタイトルが増えています。
βテストを先行し、テスト終了後に事前予約受付開始、受付期間中を改修期間に宛てているのではと推測されますが、
今後売上、新着ランキング上位に送り出す施策として、βテストは外せない要素となりそうです。