【事前予約最前線】 リベル・エンタテインメントの自社パブリッシング第2弾はイケメン役者育成ゲーム。デジタル広告以外での販促にも注目/A3!

absuke absuke
2016/11/08 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】 リベル・エンタテインメントの自社パブリッシング第2弾はイケメン役者育成ゲーム。デジタル広告以外での販促にも注目/A3!

10月31日~11月6日に新たに事前予約が開始されたアプリは9タイトル、
事前予約数の公表が15タイトル、βテスト情報の告知が2タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が26タイトルでした。(※ABC調べ)。

10月31日~11月6日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(※ABC調べ)

今回は、リベル・エンタテインメントの新作の、『A3!』をピックアップします。

リベル・エンタテインメントの新作は、イケメン役者育成ゲーム

昨年夏にリリースされた、恋愛リズムアドベンチャーゲーム『アイ★チュウ』。
リリース1周年を迎え、すでに日本だけでなく、中国でも配信サービスを展開している人気を博していますが、
今回ピックアップする『A3!』は同社が送り出す第2弾タイトルとなります。
9月1日にティザーサイトがオープン。本作は企画段階から、音楽パートナーとしてポニーキャニオンが参画し、
音楽展開についても視野にいれているようです。


▲A3!オープニングムービー

事前予約は自社と外部サービスの併用型

事前予約は10月24日より受付開始

予約方法は自社サイトを中心に行っており、外部予約サービスの併用もしています。
外部予約サービスの利用は現象ある程度絞っているようです。

自社サイトでの予約方法はE-mail、Twitter、LINE友だち追加の3種類。
a3_yoyaku

予約特典は予約者全員にガチャなどに利用できるプレミアムメダルをプレゼント。
さらに予約数に応じてゲーム内通貨のダイヤの付与数が増える積み上げ型を採用しています。
a3_yoyakutokuten

予約数33333人突破するとTwitterアイコンが配布されるなどゲーム外での特典にも広がりを見せています。
a3_yoyakutokuten33333

11月4日には事前予約数10万件突破が発表。


2017年1月リリースを予定しており、予約数の積み上げはまだ続きそうです。

デジタル広告以外での販促にも注目

同作での予約展開で特徴的なのがデジタル広告よりも、
リアルサンプリングや、展示広告にも力を入れている点です。
展示広告はリリース後のタイトルが実施していることが多いですが、
リリース前の予約段階で展開しているのは珍しいケースといえるでしょう。

10月31日には池袋駅、大阪駅でアイ★チュウとのコラボ広告の掲載

11月2日には、アニメイト池袋本店の店頭壁面に巨大広告の掲載(11月1日~30日)

同日には、池袋駅、大阪駅でアイ★チュウとのコラボピールオフ広告

11月5日~6日に開催された「アニメイトガールズフェスティバル2016」に出展


ゲームリリース前より、トレーディングキャラ缶バッジなどのグッズ販売されており、
同作も、メディアミックスの予定やグッズ展開を明確に掲げていることが伺えます。

おわりに

A3!の事前予約では自社サイトへの送客を中心に外部予約サービスを併用していますが、
デジタル広告以外での集客を積極的に利用しているのが特徴的です。
事前予約の段階で、イベント出展を行うタイトルは少なくありませんが、
デジタル以外での販促手法に力を入れていくタイトルはまだまだ多くはなく、
A3!のようにメディアミックスやノベルティ展開を視野に入れているタイトルは、
今後こういった販促手法にシフトしていくケースが増えていくかもしれません。
リリース前施策として定着した事前予約も、こうして少しずつ変化を繰り返していますね。