【事前予約最前線】総ダウンロード数500万越えのヒットタイトルが大型アップデート。自社集客と外部予約サービス併用で事前予約数は100万人突破/チェインクロニクル3

absuke absuke
2016/11/22 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】総ダウンロード数500万越えのヒットタイトルが大型アップデート。自社集客と外部予約サービス併用で事前予約数は100万人突破/チェインクロニクル3

11月14日~11月20日に新たに事前予約が開始されたアプリは6タイトル、
事前予約数の公表が11タイトル、βテスト情報の告知が3タイトル、
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が18タイトルでした。(※ABC調べ)。

11月14日~11月20日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(※ABC調べ)

今回はチェインクロニクル3をピックアップします。

2013年にリリースされた「チェンクロ」。第3部がいよいよ公開

同作は2013年7月にリリースされた、オンラインカードバトルRPG。
「チェンクロ」よばれ、パズドラやモンストに並びスマホゲーム市場が成長期に入る時期より
ユーザーに楽しまれてきました。

2014年7月には第2部が公開。
第2部公開時より、『チェインクロニクル〜絆の新大陸〜』という名称に変わっています。
リリース3年が経過した現在、総ダウンロード数500万を越え、
Google売上ランキングTOP100位圏内をキープし続けているヒットタイトルです。


▲チェインクロニクルムービー(公式サイトより)

同作は2016年7月に開催された、チェンクロオフラインイベント、
「『絆の大感謝祭』ファンミーティング2016」で、
第3部となるアップデート版「チェインクロニクル3」公開予定であることが発表されていました。


今回の予約施策はアップデート版による事前予約となります。

事前予約は自社サイト集客を中心にした外部サービスとの併用型

10月20日に「チェインクロニクル3」特設サイトが公開。

事前予約は11月4日より受付開始されました。

予約方法は自社サイトを中心に外部予約サービスの併用をしています。
予約数の比率は自社9に対して外部予約サービスは1程度でしょうか。

自社サイトでの予約方法はメールアドレス、Twitter、LINE友だち追加の3種類を採用しています。
chronicle_05chronicle_06

Twitterはアカウント連携は不要で、
所定のツイートをRTすることで予約完了となっています。

size-medium wp-image-7190″ />
また同タイトル内からティザーサイトへの送客も積極的に行っており、
既存のロイヤルユーザーの囲い込みもぬかりなく行われています。
chronicle_01
chronicle_02
chronicle_03
chronicle_04

予約特典は予約数5万人突破特典でSSR『ベルナデット』が配布され、
ゲーム内で使用できるプレミアムチケットが予約数に応じて追加で付与される
積み上げ式を採用しています。

11月21日付で事前予約数100万件突破が発表されています

Twitterでの告知やゲーム系メディアでのパブリシティも積極的に実施

特設サイトでは基本システム、バトルシステムのほか、『新しい仲間達』の情報など、
新情報の先行公開されていますが、情報公開をTwitter公式アカウントで積極的に告知しています。

キービジュアルクリアファイルの配布など、ノベリティグッズ展開も予感させます。

ゲームメディアでのパブリシティにも力を入れているようで、
本作への注目度の高さも伺えます。

おわりに

リリース3年を迎え、第3部公開に向けて事前予約施策が行われている、「チェンクロ3」
既存のゲームユーザーへ囲い込みが中心に行われている印象を受けますが、
本作が行っているアップデート予約やWebメディアでのパブリシティ展開は
過去、同作をプレイしていた休眠ユーザーへのアプローチにもなっているように思われます。

すでにリリース日が11月24日に決定している同作。

来週以降の新着ランキングのどの位置にランクインしてくるかも注目です。