【事前予約最前線】擬人化ゲームはここまで来た。ビジュアルワークスの新作はおむすびを擬人化した、シナリオゲーム。Twitter活用で予約数積み上げ中/結ひの忍

absuke absuke
2016/12/13 (Tue)
スマホゲーム集客


【事前予約最前線】擬人化ゲームはここまで来た。ビジュアルワークスの新作はおむすびを擬人化した、シナリオゲーム。Twitter活用で予約数積み上げ中/結ひの忍

12月5日~12月11日に新たに事前予約が開始されたアプリは10タイトル、
事前予約数の公表が7タイトル、βテスト関連の告知は2タイトル
新作タイトルや追加キャンペーン施策の発表が26タイトルでした。(※ABC調べ)。

12月5日~12月11日に新たに事前予約が開始されたアプリと新情報を追加発表したアプリ一覧(※ABC調べ)

今回は、ビジュアルワークスの新作「結ひの忍」をピックアップします。

擬人化ゲームはここまで来た。ビジュアルワークスの新作はおむすびを擬人化した、カード式シナリオゲーム

ビジュアルワークスと言えば、携帯電話のガラケー黎明期のころから、
Forest Pageをはじめとした女性向けのコンテンツの提供している会社という印象が強いですが、
ここ最近では、ボーイズラブが好きな女性が楽しめるSNSサービス「BLobby」や、
神様を擬人化させたゲーム「なむあみた仏っ!」など、ゲームにも力を入れ始めています。
今回ご紹介する同社の新作は、「おむすび」が擬人化して忍者となって登場します。
omusubi_main
▲公式サイトメインビジュアル

▲おむすび×忍者「結ひの忍」告知動画

事前予約は自社と外部サービスの併用型

事前予約は2016年10月27日より受付開始されました。

予約方法は自社サイトを中心に外部予約サービスも併用しています。
自社と外部予約サービスの比率は公表されていませんが、
公式サイト上での圧倒的な情報量の多さから、自社サイトでの集客が中心となっている印象を受けます。
omuzubi_yoyaku
自社サイトでの予約方法は、現時点ではE-mail、Twitterの2種類のみですが、TwitterはアカウントはフォローのみでOKと
比較的事前予約への手間はかからない印象です。
また、今後「LINE友だち追加」も予約装置として追加されるようです。

特典は予約数に応じて変化。

11月14日付で公式サイトに公開された情報によると、
事前予約特典はゲーム内で使える小判で

事前予約数に応じて配布される小判の数が増えていく、
積み上げ式を採用しています。
omuzubi_tokuten
また、事前予約数が規定値を超えると、公式サイトやTwitterに登場する
おむすびくんが、ゲーム内に登場するかも!?との予告もされています。

Twitterの運営が特徴的

同作は公式サイトでの情報更新とともに、
Twitterでの運用も特徴的です。
他タイトルでのTwitter運用は、ゲームや事前予約数の告知がメインの印象を受けますが、
同作は、告知を織り交ぜながら丁寧に運用がされている印象です


▲本日のお品書きと題して毎日更新がされている

また、雑誌での掲載事例も積極的に採用しており

公式サイト内ではマンガ企画も開始しています。

12月4日付でTwitterのフォロワー1万人突破も発表されています。

おわりに

同作はAppStore、GooglePlayでの配信ではなく、
”mixiゲーム”と、”ameba”の2つのプラットフォームでの展開ですが、
ゲームのプラットフォームの横展開や、AppStore、GooglePlayでの展開以外でも
ゲーム事前登録が浸透しているようです。
また、2017年初春リリースを予定しており、リリースまでに時間があることが、
LINE友だち登録を事前予約方法としてリリースすることも予定されていることから、
予約数は今後さらに伸ばしてくることが予想されます。