【企業動向】 2017年大注目のパブリッシャー「フォワードワークス」。IPタイトルの強さも際立ち、今年のヒット作候補でもある「みんゴル」を筆頭に、同社はどんな取組みを行うのか

absuke absuke
2017/01/23 (Mon)
スマホゲーム集客


【企業動向】 2017年大注目のパブリッシャー「フォワードワークス」。IPタイトルの強さも際立ち、今年のヒット作候補でもある「みんゴル」を筆頭に、同社はどんな取組みを行うのか

VRが盛り上がりを見せるなどデバイスの変化も出てきているゲーム業界ですが、
2017年もスマホゲームがますます盛り上がりを見せていくと思われます。
そんな今年注目のパブリッシャーを取り上げたいと思います。

2016年3月にソニー・コンピュータエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)からリリースが出て以来、
その動向に注目が集まるのがフォワードワークスです。
2016年4月1日に設立された今年大注目のパブリッシャーの一つです。

 

フォワードワークスとは?

フォワードワークスは「プレイステーション」で人気を博したタイトルや
IPを活用してスマートデバイス向けゲームアプリを提供する会社
です。
日本市場だけでなく、アジア進出も発表しております。
bandicam-2017-01-19-22-41-10-273
▲フォワードワークスHPより

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、
本格的にスマートデバイス領域におけるアプリ市場に参入してくるということになりますが、
ノウハウやIPなど強力な資産を持っており、強力なゲームが展開されることは間違いなさそうです。
昨年の12月7日にはコンテンツ発表会「ForwardWorks Beginning」が開催され、
提供コンテンツの概要も少しづつ見えてきています。

 

どんなタイトルが出るのか

その気になるリリース予定タイトルが以下の通り。
bandicam-2017-01-20-11-06-12-915
▲フォワードワークスHPより

名のあるタイトルがズラリと並びます。
現時点で発表されているオリジナルタイトルは「ソラとウミのアイダ」のみとなっています。
一部タイトルを振り返っていきたいと思います。

 

●みんゴル
お馴染みのゴルフゲーム「みんなのGOLF」をスマートフォン向けに「みんゴル」としてリニューアル。
”ひっぱる”操作感はスマートフォンならでは。
直観的な操作性や、移動中の隙間時間でもストレスなく楽しめるゲーム性を重視した開発を行っているとのこと。
なお、開発元はドリコムが担当します。
ドリコムのIP戦略の一つとしても大きなリリースとなりそうです。

(参考:今週いよいよダビスタが登場!?IPシフトが好調の「ドリコム」17年3月期2Q決算を振り返る

 

●WILD ARMS
プレイステーションの名作RPG作品として知られる「WILD ARMS」。
続報が待たれるタイトルとなりますが、
開発はグリーのアプリ開発スタジオWright Flyer Studiosが行うことが決定しています。

 

●アーク ザ ラッド
「WILD ARMS」と同様に、プレイステーションの名作RPG作品として知られる「アーク ザ ラッド」。
こちらもスマートフォン向けに内容が作られることもあり、完全な新作となります。
開発元はオルトプラスが担当。

 

bandicam-2017-01-19-22-38-56-485
▲フォワードワークスHPより

上記で述べたように開発元は、それぞれ各ゲーム会社で行います。
ただのデバイス移植版ではないので、各タイトルのゲーム内容が気になるところです。

 

「オリジナルタイトル」も

既存著名タイトルだけではありません。
フォワードワークスのオリジナルタイトルとして、
広井王子氏が原作・総監督を務める「ソラとウミのアイダ」をリリース予定となっています。
IP以外のタイトルにも期待大です。
なお、上記で述べたゲームの動画が一部上がっています。ぜひ公式サイトをご覧ください。

 

その他様々な取組みが発表されている

上で述べたタイトルのリリース以外にも、3つ取組みが発表されています。

 
①スマホ版「魔界戦記ディスガイア」シリーズ『夜廻』を共同制作
これまでPlayStationRを一緒に盛り上げてきたソフトウェアメーカーと協業し、
スマホ市場向けの展開を行うと発表。現在、詳細が発表されている1社として日本一ソフトウェアがあり、
「魔界戦記ディスガイア」シリーズと『夜廻』をを共同開発しているとのこと。

 
②スクウェア・エニックスとの共同プロジェクト
プレイステーションの初期から積極的に取り組んできたのがスクウェア・エニックス。
ソニー・コンピュータエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)とも、
長きに渡ってパートナーと組んでいます。スマートフォンにフィールドが移っても、強力タッグは加速しそうです。

 

③ソニーと共同で取り組む「Project FIELD」

bandicam-2017-01-20-19-24-09-024
▲ソニー「Project FIELD」リリースより

「Project FIELD」はソニーが開発したスマートフォンやタブレットにつなげて
カードゲーム体験をさらに豊かにする新しいプラットフォームです。
このプラットフォーム向けにコンテンツの拡充を図るものと見られます。
第1弾として、レベルファイブとバンダイとの協業で「妖怪ウォッチ」シリーズを制作中で、
新しい体験も推進していくようです。

 

IPトレンドの流れで登場する強力IPに期待

bandicam-2017-01-19-22-49-30-653
▲みんなのGOLF公式サイトより

”まずは「みんゴル」から”

IPタイトルは強力なこともあり期待が掛かりますが、コンシューマにてヒットを飛ばした有力タイトルであれば、なおさら。先月に書きましたが、IPタイトルの強さも際立っており、今年のヒット作候補といえそうです。2017年大注目のフォワードワークス、まずは一発目の「みんゴル」のリリースが楽しみです。その動向を随時チェックしていきたいと思います。