【GooglePlayランキング】売上ランキングTOPは世界累計利用者4000万人突破のモンスト。新着は人気シリーズの最新作が続々とランキング上位へ(2月20日付け)

absuke absuke
2017/02/24 (Fri)
スマホゲーム集客


【GooglePlayランキング】売上ランキングTOPは世界累計利用者4000万人突破のモンスト。新着は人気シリーズの最新作が続々とランキング上位へ(2月20日付け)

GooglePlayゲームカテゴリのランキングから、
ランキング急上昇したタイトルや気になるタイトルをお届けします!

■GooglePlay 売上ランキング(2月20日付)

売上ランキング(2月20日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ

売上ランキング今週の動き

今週はモンスターストライクがTOPを取り返しました。
2位は前週から1つ順位を落としたFate/Grand Order。
3位はパズドラが1つ順位をあげてTOP3へ返り咲きです。

1月20日に世界累計利用数が4000万人を突破を発表した,『モンスターストライク』。


世界4000万人突破を記念したイベントやキャンペーンも目白押しです。


ランキングこそ首位を他タイトルに明け渡す週が出てきましたが、
それでも根強い人気タイトルであることには変わりありません。

今週のジャンプアップタイトルは!?

今週のジャンプアップタイトルは以下の通り。※(  )は前週の順位

7位 魔法使いと黒猫のウィズ (前週37位)
18位 ONE PIECE トレジャークルーズ(前週173位)
24位 スクールガールストライカーズ(前週57位)
27位 テイルズ オブ アスタリア (前週117位)
32位 サモンズボード(前週130位)
33位 メルクストーリア(前週53位)
38位 キン肉マン マッスルショット(前週77位)
44位 戦艦帝国(前週59位)
45位 オルタナティブガールズ(前週109位)
47位 ガンダムコンクエスト(前週97位)

■GooglePlay 新着ランキング(2月20日付)

新着ランキング(2月20日付ゲームカテゴリ)※ABC調べ

TOP50に新着16作がランクイン。
首位は、バンダイナムコの新作「GOD EATER ONLINE」。
ファイアーエムブレム ヒーローズの3週連続でトップを阻止しました。

シリーズ最新作が新着ランキング上位に

人気シリーズの最新作となる『ゴッドイーターオンライン』。
コンシューマーゲームで展開されてきたシリーズの魅力をと踏襲しながらも、
最大で100人規模のリアルタイム協力プレイを楽しむこともできる、
オンライン要素も採用されており、リリース前より注目されていました。

事前予約数は15万件突破がリリース直前に発表。

2月16日より配信開始されました。

2位は、miHoYoの「崩壊3rd」。2DアクションRPG『崩壊学園』にも登場した、
3人のキャラクターたちが新たな災厄に挑むアクションゲームです。

▲崩壊3rd公式PV第1弾 (Youtube公式チャンネルより)

人気IPタイトル、「HUNTER×HUNTER ワールドハント」も初登場6位にランクイン

6位にランクインした、「HUNTER×HUNTER ワールドハント」。
同作は、『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』を原作とした、
ハンターライフシミュレーションアプリ。
バンダイナムコは、「GOD EATER ONLINE」と併せて2タイトルを
新着ランキング上位に送り込んできました。

2月13日に配信開始された同作ですが、


リリース1週間で2作も新着ランキング上位に送り込んでくるところに、
IPタイトルのパブリッシングに定評がある、バンダイナムコの強さが垣間見れます。