採用情報

人と仕事

ナンバーワン&オンリーワンを目指して刺激的な毎日を過ごしています。

ABCに興味をもったきっかけと入社理由

同業で働く自分からみてもゲームギフトの
素晴らしさは際立っていました。

ゲーム会社で働いていたときに、社長の小原と知り合う機会があり、しばらくしてABCを設立したことを知りました。興味を持ってゲームギフトを利用してみると、「こんなサービスがあったらいいのに」と感じていたことを見事に実現した、ゲーム業界でマーケティングを担当していた私からみても素晴らしいサービスと感じました。似たようなサービスを展開している企業はほとんど例がなく、「この分野でナンバーワン&オンリーワンを目指せる企業だ」と確信し入社しました。

入社して感じたこと

全員で会社を作り上げていく喜びがある。
最高に楽しく、働きやすい。

私はこれまで広告やマーケティングの仕事を中心に5つの会社を経験してきましたが、今が最高に楽しいと断言できます。まだ小さな会社ですので、ひとり一人の存在が全体にあたえる影響が大きく、みんなで一緒になってゼロから作り上げていく喜びがあります。会社の雰囲気もフランクで、無駄な決まりがなく、従業員を型にはめません。人を甘やかすわけでなく、「その人が一番パフォーマンスを上げられる働き方をすればよい」という考え方なので、非常に働きやすいです。

現在の仕事内容

コンテンツの制作・運営を監督。
ユーザー視点で刻々と改良を加えます。

「ゲームギフト」のサイト運営、コンテンツ制作の全体を監督しています。各コンテンツの進行状況とクオリティをチェックする業務に加え、メディア全体の問題点を発見し改善していくという戦略的な舵取りの部分にも携わっています。自ら手を動かしながら、社内外のデザイナーやライター、進行管理担当者などの仕事を管理するプレイングマネージャーです。
ユーザーの求める情報は何か? ユーザーにとって読みやすくストレスのない記事を書くにはどうすべきか? どうすればユーザーの滞在時間を伸ばせるか? といった数々の課題を、閲覧数やダウンロード数などのデータをもとに考え、改善していきます。
伸び盛りの会社なので、仕事も固定的でなく日々変化しており、自分の手で事業を作っている手応えがあります。

recruit_member_3_06

ABCの魅力

誰もが主人公になれる
オープンで明るい会社です。

「愛」を感じられる会社です。従業員はもちろん、会社に関わるすべての関係者を大切にし、柔軟な考えでそれぞれのパフォーマンスを最大にするためのサポートをしてくれます。契約社員や社外の協力スタッフも数多くいますが、雇用関係や役職などに一切関係なく、誰もが主人公になれるオープンで明るい会社です。
私が特に気に入っているのは、毎月水曜日の夜にオフィス内で行われる「ABC Day」という交流会です。誰もが大切な人を招待できる会で、取引先のほか家族や友人を招く社員も多く、普段打ち合わせをしているソファで赤ちゃんがはしゃいでいるのを見たときには、その自由さと懐の深さに「こんなに素晴らしい会社はない!」と感動しました。

今後の夢、目標

ゲームギフトをナンバーワン&
オンリーワンのメディアに!

参入する企業も徐々に出てきましたが、私個人的にはそうした企業と「競争」する気はまったくありません。売上がどうしたとか抜いた抜かれたではなく、オンリーワンにしかできないサービスを作り上げたい。どこにも真似のできないものを提供し、オンリーワンを目指した結果としてナンバーワン企業になる。それが私の目標です。

わたしにとってスマホゲームとは

recruit_member_3_11

転職を考えるあなたへのアドバイス

ゼロから何かを作りたい人、
現状に満足せず上を目指したい人と、一緒に働きたい。

「成長企業に乗っかれば楽そうだ」とか、「儲かっていそうだから給料もいいだろ」とか、そんな理由でこの会社を選ぶと、必ず後悔します。急成長している会社なので、やるべき仕事はたくさんあり、しかも役割や立場はどんどん変化していきます。変化を楽しめない人や、同じ仕事しかできない、という人にも向かない会社だと思います。
逆に、ゼロから何かを作りたい人や、現状に満足せず上を目指し続けたい人には、これほどチャンスにあふれた会社はないと思います。

ある日のスケジュール

●10:00
出社、掃除、業界情報チェック
●10:15
数字チェック。たとえば新たにギフトを配信したゲームの数字が伸びていなければ、すぐに対策を打つ。数字の変化によって、その日の仕事のプライオリティは大きく変化する。
●11:30
営業担当を交えて、制作進行ミーティング。進行遅れや素材・情報の不足があれば、即対応する。
●12:00
マネージャー以上の事業戦略ミーティング。週2回の定例会議。
●13:00
ランチ。社内業務が中心なので、できるだけ外へ出る。ただし空いている時間にもメディアのチェックは欠かさない。
●14:00
引き続き制作物をチェックし、資料作成やメール対応なども行う。
●18:00
プッシュ通知の文章作成。アクセス数やダウンロード数に大きく影響するので、一字一句に気が抜けない。
●19:00
明日の業務内容を確認し、下準備を行う。
●20:00
メンバーからの日報にコメントをフィードバック。メンバーとの信頼関係を築く重要な作業。
●22:00
退社
一覧に戻る